フィギュア

2018.2.15 15:44

OARペア、メダル逃す…モロゾフ「緊張もあった」/フィギュア

 平昌五輪第7日(15日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケートは ペアのフリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位のアリョーナ・サブチェンコ、ブルーノ・マソ組(ドイツ)が1位の159・31点を出し、合計235・90点で初の金メダルに輝いた。

 SPで2位につけメダル圏内でフリーに臨んだOARペアだったが「緊張もあった」(モロゾフ)という。タラソワがジャンプでミスをするなどし、4位に終わった。

 フリーの選曲、振り付けについてモロゾフは「最も得意で安定しているもののはずだった。なぜこうなったか分からない」と肩を落とした。メダルを獲得した3組を「強いペアだった」と称賛し「結果は結果」と自分に言い聞かせるように話した。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ

今、あなたにオススメ
Recommended by