スケルトン

2018.2.15 12:48

宮嶋克幸「自己ベスト」1回戦で会心の滑り/スケルトン

男子2回戦でゴールする宮嶋克幸=平昌(共同)

男子2回戦でゴールする宮嶋克幸=平昌(共同)【拡大】

 平昌五輪第7日(15日、五輪スライディングセンター)30人が出場したスケルトン男子は前半2回戦を終え、前回ソチ大会12位の高橋弘篤(フリー)が合計1分43秒50で23位、初出場の宮嶋克幸(仙台大)は1分43秒78で27位だった。

 スケルトン男子で初五輪の22歳、宮嶋は1回戦で「このコースの自己ベスト」という会心の滑りを見せ、左手を力強く握った。2回戦は細かいミスでタイムを落としたが、納得の表情を浮かべた。

 肘を痛めて野球を諦め、中学3年で競技を始めた経歴を持つ。1月の世界ジュニア選手権で5位に入った有望株は「緊張よりも、わくわくする感じ。いい臨み方ができた」と今ある力を必死にぶつけた。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 男子2回戦でゴールし、ヘルメットを脱ぐ宮嶋克幸=平昌(共同)
  • スケルトン男子1回戦のスタートを切った宮嶋克幸=五輪スライディングセンター(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by