複合

2018.2.15 05:06(1/4ページ)

渡部暁、2大会連続の銀「ホッとしたのが半分、悔しさ半分」/複合

特集:
渡部暁斗
2大会連続の銀メダルを獲得した渡部暁。目標の金には届かず「悔しさが半分」と本音を吐露した (撮影・早坂洋祐)

2大会連続の銀メダルを獲得した渡部暁。目標の金には届かず「悔しさが半分」と本音を吐露した (撮影・早坂洋祐)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、アルペンシア・ジャンプセンター-アルペンシア距離センター)渡部暁斗(29)=北野建設=が2大会連続の銀メダルを獲得した。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で3位につけ、トップと28秒差でスタートした後半距離(10キロ)では中盤までに先頭を捉えて優勝争いに加わったものの、ゴール手前の上りで引き離された。エリック・フレンツェル(29)=ドイツ=が前半の5位から逆転で五輪2連覇を果たした。

【続きを読む】

  • ノルディック複合・個人渡部暁斗の“シルバーコレクター”ぶり
  • 前半飛躍3位も
  • 後半距離で前回王者に「完敗」
  • 試合後、荻原健司氏(左)と荻原次晴氏と記念写真をとる渡部暁斗
  • 個人ノーマルヒル渡部暁斗の前半飛躍=平昌(共同)
  • 個人ノーマルヒル前半飛躍を終え、カメラに向かってグローブの「日の丸」を指さす渡部暁斗=平昌(共同)
  • 個人ノーマルヒル、後半距離で力走する渡部暁斗=平昌(共同)
  • 後半距離で力走する渡部暁斗=平昌(共同)
  • 後半距離で力走する渡部暁斗(中央)=平昌(共同)
  • 個人ノーマルヒル、後半距離でゴールに向かう2位の渡部暁斗(上)。手前は優勝したエリック・フレンツェル=平昌(共同)
  • 個人ノーマルヒル、後半距離を2位でゴールする渡部暁斗=アルペンシア距離センター(撮影・早坂洋祐)
  • 表彰台でポーズをとる2位の渡部暁斗、優勝のエリック・フレンツェル、3位のルーカス・クラプファー=韓国・平昌(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by