総合

2018.2.15 05:00

平昌五輪第7日見どころ

 12人が出場するスピードスケート男子1万メートルで日本記録保持者の土屋良輔(メモリード)が入賞を目指す。5000メートルを3連覇し、この種目の金メダル獲得に執念を燃やすスベン・クラマー(オランダ)にも注目だ。

 スケルトン男子は1、2回戦が行われ、前回ソチ大会12位で今回は6位以上を狙う高橋弘篤(フリー)と、初出場の宮嶋克幸(仙台大)が登場。

 3大会ぶりの派遣となったアルペンスキー女子では石川晴菜(木島病院)が大回転に臨み、ノルディックスキー距離の女子10キロフリーには石田正子(JR北海道)が出場する。

 カーリングは男女の1次リーグが行われ、日本勢は男子のSC軽井沢クが英国と、女子のLS北見はデンマークと韓国と対戦。バイアスロンで14日から延期された女子15キロには立崎芙由子(自衛隊)ら4選手が、男子20キロには立崎幹人(自衛隊)が挑む。

平昌五輪特集へ

今、あなたにオススメ
Recommended by