スノーボード

2018.2.14 21:21

平野選手、銀に五輪実感…メダル授与式で笑みも/スノボ

特集:
平野歩夢
平昌冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプの表彰式で銀メダルを手にする平野歩夢=14日、韓国・平昌(共同)

平昌冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプの表彰式で銀メダルを手にする平野歩夢=14日、韓国・平昌(共同)【拡大】

 平昌冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ(HP)で2大会連続の2位になった平野歩夢(木下グループ)が14日、平昌五輪スタジアム近くの広場で行われた式典に出席し、銀メダルを授与された。淡々とした口調ながらも「やっと五輪を実感できた。普段、こういうでかい規模で表彰式をやったり、こんなメダルももらったりしないので。感動した」と語った。

 19歳の平野選手は今回も頂点に届かなかった悔しさから競技後の表情は硬かった。だが祝福の場に臨むに当たって気持ちを切り替え、優勝した世界的なスター、ショーン・ホワイト(米国)の横でメダルを受け取ると、わずかに笑みも浮かべた。「悔しさはどこかにある。それを(将来に)つなげられたらいい」と今後の成長を期した。(共同)

平昌五輪特集へ

  • 平昌冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプの表彰式で、銀メダルを胸に手を振る平野歩夢=14日、韓国・平昌(共同)
  • 平昌冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプの表彰式で、銀メダルを胸にする平野歩夢=14日、韓国・平昌(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by