スピード

2018.2.14 20:49

郷、念願の五輪初レース!500mへ勝負につながる一本に/スケート

特集:
高木美帆
スピードスケート女子1000メートルに出場した郷亜里砂=韓国・江陵オーバル(撮影・納冨康)

スピードスケート女子1000メートルに出場した郷亜里砂=韓国・江陵オーバル(撮影・納冨康)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、江陵オーバル)スピードスケート女子1000メートルで、世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82で銀メダル。1500メートル銀メダリストの高木美帆(23)=日体大助手=は1分13秒98で銅メダルで、ダブル表彰台となった。ヨリン・テルモルス(28)=オランダ=が五輪記録の1分13秒56で金メダルを獲得した。

 郷は30歳にして念願の五輪のリンクに立った。スタートから鋭く飛び出し、低地の自己ベストを更新。ゴールすると、柔らかな笑みを浮かべた。「すごく楽しみで、わくわくしている」と胸を高鳴らせて臨み、新たな一歩を踏んだ。

 得意の500メートルは今季のワールドカップ(W杯)で4度3位に入り、メダル候補。五輪の雰囲気も味わい、勝負のレースにつながる一本となった。(共同)

郷亜里砂の話「500メートルにつながるレースをしようと思っていた。スタートから200メートルにかけて積極的なレースができた。今の自分の実力はこれぐらいと受け止めながら、500メートルはトップの選手と争える滑りをしたい」

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • スピードスケート女子1000メートルに出場した郷亜里砂=韓国・江陵オーバル(撮影・松永渉平)
  • スピードスケート女子1000メートルに出場した郷亜里砂=韓国・江陵オーバル(撮影・松永渉平)
  • スピードスケート女子1000メートルレースを終えた郷亜里砂=韓国・江陵オーバル(撮影・松永渉平)
  • スピードスケート女子1000メートルに出場した郷亜里砂=韓国・江陵オーバル(撮影・納冨康)
今、あなたにオススメ
Recommended by