複合

2018.2.14 18:48

荻原健司氏、“まな弟子”暁斗をねぎらう「ラージヒル個人で金メダルを」/複合

特集:
渡部暁斗
試合後、荻原健司氏(右)と話す銀メダルの渡部暁斗 =韓国・平昌のアルペンシア距離センター (撮影・早坂洋祐)

試合後、荻原健司氏(右)と話す銀メダルの渡部暁斗 =韓国・平昌のアルペンシア距離センター (撮影・早坂洋祐)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、アルペンシア・ジャンプセンター-アルペンシア距離センター)ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで、ソチ五輪銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=が2大会連続の銀メダル。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で105・5メートルの123・7点で3位につけると、首位のフランツヨゼフ・レーアル(24)=オーストリア=から28秒差でスタートした後半距離(10キロ)で2位に浮上した。エリック・フレンツェル(29)=ドイツ=が2大会連続で金メダルを獲得した。

 テレビ解説を務めた渡部暁が所属する北野建設の荻原健司ゼネラルマネジャー(48)は、「この銀メダルで精神的には随分と楽になった。責任を果たしたような表情に見えた。ラージヒル個人で金メダルを見たい。その可能性を感じさせてくれた」とまな弟子をねぎらった。

 荻原氏は4度出場した五輪の個人戦では94年リレハンメル、98年長野の4位が最高。メダルには手が届かなかった。

詳細結果へ平昌五輪特集へ

今、あなたにオススメ
Recommended by