複合

2018.2.14 18:34

暁斗、トイレも“真ん中”を意識 荻原健司氏から戦う意識を継承/複合

後半の距離を2位でゴールした渡部暁斗=アルペンシア距離センター(撮影・早坂洋祐)

後半の距離を2位でゴールした渡部暁斗=アルペンシア距離センター(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、アルペンシア・ジャンプセンター-アルペンシア距離センター)ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで、ソチ五輪銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=が2大会連続の銀メダル。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で105・5メートルの123・7点で3位につけると、首位のフランツヨゼフ・レーアル(24)=オーストリア=から28秒差でスタートした後半距離(10キロ)で2位に浮上した。エリック・フレンツェル(29)=ドイツ=が2大会連続で金メダルを獲得した。

 暁斗は北野建設に入社してすぐ、荻原健司ゼネラルマネジャー(48)に掛けられた、忘れられない一言がある。

 「トイレは真ん中に入れ」

 細かい説明はなかったというが、以降、トイレに入るたびに思い出して実行。便器が偶数の場合は「一番」奥か手前を使うという。

 荻原氏はジャンプ女子の高梨沙羅(21)=クラレ=に並ばれるまで、W杯で日本人最多の19勝をマーク。1992~93年シーズンから3季連続で個人総合のタイトルも勝ち取り一時代を築いた。

 ただ4度出場した五輪の個人戦では94年リレハンメル、98年長野の4位が最高。メダルには手が届かなかった。荻原氏は自身の苦い経験を踏まえ、早大の後輩でもある暁斗に戦う意識を植え付けた。2人が追い求めた夢は、またも持ち越された。

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 個人ノーマルヒル、後半距離で力走する渡部暁斗=平昌(共同)
  • 個人ノーマルヒル、後半距離を2位でゴールする渡部暁斗=アルペンシア距離センター(撮影・早坂洋祐)
  • 個人ノーマルヒル、後半距離でゴールに向かう2位の渡部暁斗(上)。手前は優勝したエリック・フレンツェル=平昌(共同)
  • 後半距離で力走する渡部暁斗(左)=平昌(共同)
  • 後半距離で力走する渡部暁斗(中央)=平昌(共同)
  • 表彰式で手を上げる2位の渡部暁斗=平昌(撮影・早坂洋祐)
  • 平昌冬季五輪のノルディック複合個人ノーマルヒルで、銀メダルを獲得し笑顔の渡部暁斗(左)。中央は優勝したエリック・フレンツェル、右は3位のルーカス・クラプファー=14日、韓国・平昌(共同)