カーリング

2018.2.14 18:04

本橋麻里「いつも通りに近い試合ができた」/カーリング

米国に勝利し、抱き合って喜ぶ(手前左から)藤沢、吉田知、(奥左から)鈴木、吉田夕=江陵(共同)

米国に勝利し、抱き合って喜ぶ(手前左から)藤沢、吉田知、(奥左から)鈴木、吉田夕=江陵(共同)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、江陵カーリングセンター)カーリング男女の1次リーグが始まり、女子はLS北見の日本が米国に10-5で快勝し、白星発進した。第1エンドから連続スチールして7点を先取。9-5の第9エンドにも1点をスチールしたところで米国がギブアップした。

 男子ではSC軽井沢クラブの日本がノルウェーと対戦。五輪4連覇を目指すカナダはイタリアを5-3で下し、昨年の世界選手権2位のスウェーデンはデンマークに9-5で快勝した。(共同)

本橋麻里の話「通常の大会でも1、2エンドでしっかり氷を読めれば点を重ねることができていた。いつも通りに近い試合ができた」

吉田夕梨花の話「(初の五輪で)緊張感はあったけど、緊張とリラックスと、いいバランスでみんな戦えていた」

鈴木夕湖の話「(試合中のコミュニケーションは)悪くはなかったけど、まだまだできなかったところもある。次の試合に生かしていきたい」

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 日本-米国第6エンド、ショットを放つ藤沢(中央)上は吉田夕、下は鈴木=江陵(共同)
  • 日本-米国第5エンド、ショットを放つ吉田知。左は吉田夕、右は鈴木=江陵(共同)
  • 日本-米国第3エンド、スイープする吉田夕(左)と鈴木=江陵(共同)
  • 初戦の米国戦に勝利し、歓声に応える(左から)藤沢、吉田夕、鈴木、吉田知=江陵(共同)
  • 日本-米国第5エンド、ショットを放つ藤沢。左は吉田夕=江陵(共同)
  • 日本-米国第2エンド、ショットを放つ藤沢。左は吉田夕、右は鈴木=江陵(共同)
  • 日本-米国第1エンド、米国のショットを見る藤沢(奥左)と吉田知(同右)=江陵(共同)
  • 日本-米国第1エンド、指示を出す藤沢(奥)=江陵(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by