スノーボード

2018.2.14 16:15

戸塚、初の五輪は思わぬ結末…転倒で腰の痛み訴える/スノボ

転倒する戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・納冨康)

転倒する戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・納冨康)【拡大】

 戸塚の初めての五輪は思わぬ形で幕を閉じた。男子ハーフパイプ(HP)決勝2回目の最初のエアで「リップ」と呼ばれる壁の最も高い位置にしたたかに体を打ってパイプの底に転落。立ち上がることができず、そのまま最寄りの病院へ搬送された。

 日本オリンピック委員会(JOC)によると意識はしっかりしており、腰の痛みを訴えているという。今季のワールドカップ(W杯)で初出場優勝を果たした16歳の新鋭は「メダルを取れるように頑張りたい」との思いを果たせず、苦い結末となった。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 男子ハーフパイプ決勝2回目の演技で転倒し、担架で搬送される戸塚優斗=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝2回目の演技で転倒し、担架に乗る戸塚優斗=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝2回目を滑り、転倒する戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)
  • 男子ハーフパイプ決勝2回目を滑り、転倒する戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)
  • 男子ハーフパイプ決勝1回目の演技で転倒した戸塚優斗=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝1回目の演技を終えた戸塚優斗=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝2回目の演技で転倒し、担架に乗る戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・納冨康)
今、あなたにオススメ
Recommended by