スノーボード

2018.2.14 12:22

平野、未成年の飲酒や大麻使用が発覚した日本スノボ界のイメージ回復に貢献

特集:
平野歩夢
男子ハーフパイプ決勝2回目を滑る平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)

男子ハーフパイプ決勝2回目を滑る平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、フェニックス・スノーパーク)スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢(19)=木下グループ=が95・25点で2大会連続の銀メダル。2006年トリノ、10年バンクーバー両五輪金メダルのショーン・ホワイト(31)=米国=が97・75点で2大会ぶりに金メダルに輝いた。片山来夢(22)=バートン=は87・00点で7位、戸塚優斗(16)=ヨネックス=は39・25点で11位だった。

 平野はソチ五輪後も世界のトップ選手として活躍を続けた。今季はワールドカップ(W杯)で2勝し、1月に最高峰のプロ大会「冬季Xゲーム」で軸をずらしながら縦2回転、横4回転する「ダブルコーク1440(DC14)」の連続技を世界で初めて試合で成功させて優勝していた。

 昨季、別の未成年選手の飲酒や大麻使用が発覚し、全日本スキー連盟がスノーボードの活動を休止した。ストイックに競技に打ち込む平野にも問い合わせが殺到。嫌気がさして携帯電話の連絡先を一度全て消去した。

 HPの技はパイプの縁から5メートル以上の高さに達することもある。失敗すれば大けがに直結。平野も昨年3月、大会で転倒し左膝や肝臓を痛めた。けがの位置が数ミリずれていたら命を落とす恐れがあった。その後は3カ月のリハビリを強いられたが、6月から氷河での練習で1日6時間以上滑り込み、大技のDC14を習得した。2大会連続の銀メダルで、日本スノボ界のイメージ回復に貢献した。

詳細結果へ平昌五輪特集へ

今、あなたにオススメ
Recommended by