スノーボード

2018.2.14 12:10

平野歩夢、金逃す…2大会連続の銀メダル 絶対王者ホワイトが逆転V/スノボ

特集:
平野歩夢
男子ハーフパイプ決勝2回目を滑る平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)

男子ハーフパイプ決勝2回目を滑る平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 平昌五輪第6日(14日、フェニックス・スノーパーク)スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢(19)=木下グループ=が95・25点で2大会連続の銀メダル。2006年トリノ、10年バンクーバー両五輪金メダルのショーン・ホワイト(31)=米国=は97・75点で金メダルを獲得した。片山来夢(22)=バートン=は87・00点で7位、戸塚優斗(16)=ヨネックス=は39・25点で11位だった。

 平野は15歳だったソチ五輪では2位になり、日本選手で冬季五輪の最年少メダリストとなった。日本のスノーボードで初めて複数メダルを手にした選手にもなった。

 平野は1回目、最初のジャンプは5・8メートルまで飛躍。続いて今大会初めて軸をずらして縦に2回転、横に4回転する「ダブルコーク1440」の大技を組み込み成功したが、この大技より1回転少ないダブルコーク1080の着地でバランスを崩して尻もちをつき、35・25点と得点が伸びなかった。

 2回目は最初のエアは5.5メートル。DC14の連続技に成功。さらに半回転少ないダブルコーク1260の連続技を組み込んだ。優勝した先のXゲームと同じ構成で95・25点の高得点をマーク。ボードを掲げて歓声にこたえた。

 3回目は演技の直前にメダル獲得が決まり、さらに得点を伸ばしたかったものの、4本目に転倒した。2本目にDC14を降りた際、着地で前方にバランスを崩しスピードを失った。1本のエアを挟んでダブルコーク技に挑んだが、転倒した。

平野歩夢の話「前回も銀メダルで上を目指すために4年間やってきた。ちょっと悔しさは残っているけど、自分がいまできる範囲の中では全力でできたと素直に思う」

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得し、セレモニーで歓声に応える平野歩夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプで優勝した米国のショーン・ホワイト(右)と言葉を交わす銀メダルの平野歩夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝でエアを決める片山来夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝3回目の演技後、両手を広げ喜ぶ片山来夢=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝2回目の演技で転倒し、担架に乗る戸塚優斗=平昌(共同)
  • 男子ハーフパイプ決勝2回目を滑り、転倒する戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)