フィギュア

2018.2.12 16:48

村元「切り替え集中」リード「私の失敗が駄目」/フィギュア

団体アイスダンス・フリーで演技する村元(上)、リード組=江陵(共同)

団体アイスダンス・フリーで演技する村元(上)、リード組=江陵(共同)【拡大】

 平昌五輪第4日(12日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート団体は上位5チームによるフリーが行われ、女子で坂本花織(シスメックス)、男子で田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)、アイスダンスで村元哉中、クリス・リード組(木下グループ)がいずれも5位となり、日本は順位点の合計50点で2大会連続の5位だった。カナダが73点で初の金メダル、OARが66点で銀メダル。米国が62点で銅メダル。イタリアが4位。

 アイスダンスの村元、リード組は団体フリーで最下位の5位。ステップでつまずき転倒したリードは「私の失敗が駄目だった。ベストの演技ができなかった」と嘆いた。

 19日には個人種目のショートダンスが控える。村元は「落ち込んでいる時間はない。切り替えて個人戦に集中していきたい」と力を込めた。(共同)

詳細結果へ平昌五輪特集へ

  • 団体アイスダンス・フリーでバランスを崩し、尻もちをつくリード。奥は村元=江陵(共同)
  • 団体アイスダンス・フリーの演技を終え、悔しそうな表情を浮かべるリード(右)と村元=江陵(共同)
  • 団体アイスダンス・フリーで演技を終えたキスアンドクライの村元、リード組(手前中央)。(後方左から)田中刑事、宮原知子、坂本花織、木原龍一、須崎海羽=江陵アイスアリーナ(撮影・納冨康)
  • 団体アイスダンス・フリーで演技する村元・リード組=江陵アイスアリーナ(撮影・松永渉平)
  • 団体アイスダンス・フリーで演技する村元(手前)、リード組=江陵(共同)
  • 団体アイスダンス・フリーで演技する村元組。転倒してしまうリード=江陵アイスアリーナ(撮影・納冨康)
  • 団体アイスダンス・フリーで演技する村元、リード組=江陵アイスアリーナ(撮影・納冨康)
今、あなたにオススメ
Recommended by