フィギュア

2018.2.10 05:07(4/6ページ)

宇野、団体SPぶっちぎり首位!異例の午前決戦も103・25点/フィギュア

特集:
宇野昌磨
宇野が衝撃の五輪デビュー!! 苦手の朝を克服した20歳が、2位に大差をつける演技で世界を魅了した (撮影・納冨康)

宇野が衝撃の五輪デビュー!! 苦手の朝を克服した20歳が、2位に大差をつける演技で世界を魅了した (撮影・納冨康)【拡大】

 けが明けの羽生は16日からの個人種目に専念する。ソチ大会では団体のSPで1位と好発進した日本のエースが個人戦で、金メダルをつかんだ。羽生と同じ道に期待が高まるが、ずぶとい宇野はペースを乱さない。

 「団体戦と個人戦は全く別物。今回はたまたまうまくいった。(個人戦に)つながることはないんじゃないかな」

 個人種目(16日=SP、17日=フリー)では今季初めて羽生との対決が待つ。羽生は午前決戦を経験していない。苦手意識のあった朝を克服した20歳の若武者が、アドバンテージを持って金メダルへ突き進む。 (鈴木智紘)

小林芳子監督「宇野は100点を超えたし、いい収穫があった。団体に参加して(五輪の)この環境に慣れ、個人戦を戦う準備ができると思う。ペアは最大限の力を出した」

★フィギュアスケート・異例の午前開催の理由

 米国で人気のフィギュアスケートは米国テレビの夜のゴールデンタイムに合わせ、午前に競技が始まる。巨額の放映権料を払う米NBCユニバーサル(NBCU)の意向。NBCUは2014年から32年まで夏冬計10大会の米国向け放映権を120億3000万ドル(約1兆3100億円)で獲得し、IOCはその意向を無視できない。

【続きを読む】

  • 3位発進の日本。抜群のチームワークで、団体初のメダルに挑む(共同)
  • 団体男子SPの演技をする宇野昌磨=江陵(共同)
  • 団体男子SP・上位成績
  • 団体上位4カ国の主要選手
今、あなたにオススメ
Recommended by