総合

2018.2.10 05:02(1/4ページ)

五輪開幕!厳寒の平昌で熱い戦い 92カ国・地域、2900人超選手参加

特集:
葛西紀明
小平奈緒
聖火を持つ金ヨナ

聖火を持つ金ヨナ【拡大】

 平昌五輪は9日午後8時から平昌五輪スタジアムで開会式が行われ、17日間の冬季スポーツの祭典が幕を開けた。

 韓国気象庁の発表によると、夜8時の気温は氷点下3度。厳寒の平昌で、熱い戦いが展開される。

 大会スローガン「Passion.Connected.(情熱、一つに)」の下、ともに過去最多の92カ国・地域、2900人超の選手が参加する。

 日本選手団は269人。入場行進では62番目に登場した。旗手の葛西を先頭に、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(21)=クラレ=らも笑顔で観客席に向かって手を振った。主将でスピードスケート女子の小平奈緒(31)=相沢病院=ら、スケートの選手は欠席。屋外の開会式での厳しい寒さなどを考慮した。

 聖火の最終点火者はフィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪女王の金・ヨナさん(27)。スケート靴を履いて白いワンピースで華麗に舞うと、アイスホッケー女子の南北合同チームの2人から聖火を受け取って点火した。大会は25日までで、7競技102種目を実施する。

【続きを読む】

  • 韓国のレジェンドも参加(AP)
  • 安貞桓氏と南北ホッケー選手(ロイター)
  • トンガの旗手を務めたノルディックスキー距離男子のタウファトフアが、裸の上半身に油を塗った民族衣装で登場(AP)
  • OAR(ロシア)の入場行進
  • 聖火リレーに参加したIOCのバッハ会長
  • 平昌五輪の開会式で、聖火を受け取る前に聖火台の下で滑る、フィギュアスケート女子の五輪金メダリスト金ヨナさん(共同)
  • 平昌五輪開会式聖火ランナーの最終走者で登場した金ヨナさん=平昌五輪スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 平昌五輪開会式聖火ランナーの最終走者で登場した金ヨナさん=平昌五輪スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 平昌冬季五輪の開会式で元フィギュアスケート女子の金ヨナさん(右手前)に手渡された聖火=9日夜(共同)
  • 平昌五輪開会式聖火ランナーの最終走者で登場した金ヨナさん=平昌五輪スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 開会式で点火された平昌冬季五輪の聖火。左下は最終ランナーを務めた金ヨナさん(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by