スノーボード

2018.2.10 05:01

平野、現地で初の公式練習「いつも以上に本気」/スノボ

特集:
平野歩夢
練習する男子スノーボード・ハーフパイプの平野歩夢=平昌(共同)

練習する男子スノーボード・ハーフパイプの平野歩夢=平昌(共同)【拡大】

 スノーボード・ハーフパイプの日本代表選手が9日、現地で初の公式練習を行った。男子で金メダル獲得を狙う平野歩夢(19)=木下グループ=は「いつも以上に本気になって練習をやらなきゃいけない気持ち」と決意を新たにした。

 約3時間、精力的に体を動かした平野。今回のパイプはW杯などに比べて全長が長く、壁が低い作りになっているといい、13日の予選、14日の決勝に向けて感覚を確かめるように滑った。2014年ソチ五輪銀メダリストは今季も絶好調。1月に行われた五輪前哨戦、冬季Xゲームでは初めて連続4回転を決めて優勝。06年トリノ、10年バンクーバー両五輪の金メダリスト、ショーン・ホワイト(31)=米国=に挑む。「最後までやれることは必ずある」と不敵にほほ笑んだ。

平昌五輪特集へ

今、あなたにオススメ
Recommended by