2018.5.31 16:21(1/2ページ)

【高橋信之コラム】オークションマッドネス! ハリウッドオークションが日本にやって来る!

【高橋信之コラム】

オークションマッドネス! ハリウッドオークションが日本にやって来る!

特集:
高橋信之
表紙には「ターミネーター2」「エイリアン2」「バーバレラ」からの出品物がフィーチャー!

表紙には「ターミネーター2」「エイリアン2」「バーバレラ」からの出品物がフィーチャー!【拡大】

 前回の投稿、オークションについての説明が少々、足りてなかったので今週も継続補足。

 世界の映画産業の頂点にして最先端のハリウッドは、常に新しいエンターテインメントのカタチを探っているが、同時に「古き良きレジェンド」も大切にしている。

 中でも映画撮影に使われたプロップ(美術小道具)や衣装、自動車やバイクなどはコレクターズアイテムとして熱狂的な映画ファンたちの収集ターゲットとなっている。

 そのハリウッドオークションの世界で、最大規模のディールをまとめているのが「プロファイルズ・イン・ヒストリー」社で、その取引数は数万点に及んでいる。

 さて来週、6月5日~8日、同社(PIH)の近年最大級のオークションがハリウッドで開催される。

 最大の目玉は歴史大作『ベン・ハー』(1959)でコロシアムでの戦車競技に使われたチャリオット。残ってたんだ、これ!

 のちに『スター・ウォーズ エピソード1』(1999)のポッドレースのシーンは、このチャリオットへのリスペクトだと言うと若いファンにもわかりやすいかも。いや、すでに『エピソード1』も、古いか!

 映画史に残る大作だけに、かなりの値付けになるんじゃないかな?   今年、ハリウッドには『アカデミー博物館』がオープンするので、協会が落札するかもしれない。

 もっと古くはチャプリンの『独裁者』(1939)で架空の国トメニアの礼装軍服、その襟章スペアが出品されている。

 軍服のオークショナー(主催者)のプライシング(値付け)は、3万ドル~5万ドル。いや、これ、もっと高いんじゃないかな。

 日本のお笑いタレント、俳優さんでチャプリンを尊敬するヒトなら1000万円でも買うんじゃないか?   萩本欽一さんとか。

 『宇宙戦争』のウォーマシーン、『海底科学戦シービュー号』のフライングサブ、どちらもオークショナーは1万ドル以下と見込んでるけど、これもポール・アレン(世界最強のオタク)が自分の博物館に収蔵するためにビッド(応札)してくると思う。

 タカハシ的には『バーバレラ』(1968)の宇宙捜査官のポジトロン光線銃とライフルの出品が、大いに気になるところ。

【続きを読む】

  • 「独裁者」襟章が20万円を高いと見るか安いと見るか。軍服は5万ドルをオーバーすると思う。
  • 「宇宙戦争」原作小説では3本足歩行戦車だったが、映画では空中浮遊する円盤系となった。
  • 「原子力潜水艦シービュー号」のフライングサブ
  • 「バーバレラ」映画の劇中では、ほとんど出てこないポジトロン光線銃。宣伝スチールで有名になった。
  • 「猿の惑星」で人類文明が滅びたあと、進化した猿たちがもつライフル銃。衣装も出品されている。「ベイジングエイプ」が落札して店頭に飾るべき逸品。
  • おそらくの落札価格は、1000万円くらい?残念ながら日本では所持許可がないと所有できない実銃です。
  • SF映画プロップガンの最高峰、それがデッカードブラスター!プライシングの2万ドル、高い?安い?
今、あなたにオススメ
Recommended by