2018.5.21 10:46

【伊藤崇コラム】「声優になろう!」#035 読書の話

【伊藤崇コラム】

「声優になろう!」#035 読書の話

読書の話

読書の話【拡大】

 読書の所で、なんで、知識が必要かと言うとたとえば、あなたが中学生並みの英語能力しかなかったとしても、場合によっては英語の長文を読解することも可能なのです。

 そこに、ケネディ、衛星、オズワルドとその3つの単語が分かれば、そこに書かれていることがわかるでしょ?

 ましてや、設問が「日米初の出来事は何か?」と親切にも日本語で書かれていたらもう間違いないでしょ?

 部分、部分でもわかる事柄があれば全体を見渡すことができることもあるということです。

 それには、知識の集積が必要なのです。無駄な知識なように思えても、どこで役に立つかわからないですから、普段から、いろんなことに興味を持ってほしいモノです。

 それで、物語を読むということ勉強のために小説などを読んでいると思いますが、どんな感じで読んでいますか?

 その空間や距離間とか、一言で言えば、画像が頭の中にできていますか?

 挿絵や漫画でなければ、自分なりのキャラクターが動いていますか?

 その辺全部含めて、想像ができていますか? 動画として、動き回っています? 色はついています?

 せりふの表情まで捕えていますか?

 で、自分だったら、こう演じてみたいとか思ったりしますか?

 最近、クリエーティブな仕事を目指しているのに想像力が一般よりもないのでは?と思うような人がいるのは残念です。少しずつでよいので、やってみてはいかがでしょうか?

 私ごとですが、仕事柄か何かわからないけど、1週間にどのくらい本を読むかと聞かれる。

 最近はちょっと、仕事の関係で1週間に6冊の小説と10~15冊くらいの漫画その他、5~6冊は読んでいる計算になっている。読む時間帯は移動時間でこなしている。

 はっきり言って時間がない。仕事で必要だから読んでいる。

 当然、優先順位が付くわけで、どうにか、追いつくようにしている。

 さて、では通常ではどうかと言うと1週間に3冊の小説と5~6冊の漫画その他、1~2冊くらいだろうか。家ではほとんど読んでいない。

 家ではHDにためてあるテレビ番組が見たいから。

 結局、吐き出す情報があるなら、ためる情報も必要ということでしょうか。

 表現者なら、あなた方も必要なのでは? 増してや、私よりも経験がないわけだし。やるやらないは、その後、3年で簡単に判明しますよ。

伊藤崇

「伊藤 崇」イメージ画像(いとう・たかし) 某大手印刷会社にて、アートディレクターとして活躍後、アニメ業界に転職。プロデューサーとして、(株)アクタス(株)セブンアークスで活躍し、現在、スタジオ藍丸で活動している一方で、有名漫画家の個展企画やIMTACで声優養成所講師として活動している。声優ワークショップOTTIの主催者 HP:(http://aska.gr.jp/otti/

今、あなたにオススメ
Recommended by