2018.5.17 16:31(1/6ページ)

【椿あきおコラム・インタヴュー】「“推し増し”は正義です」第三十八回 sugartrap

【椿あきおコラム・インタヴュー】

「“推し増し”は正義です」第三十八回 sugartrap

特集:
椿あきお
アイドルだけでなく、バンドとの共演も増えています

アイドルだけでなく、バンドとの共演も増えています【拡大】

 「メガネはちゃんと人を見て投げてます(笑)」by HINA(sugartrap)

 さて、今回は高知発のラウド系アイドル『sugartrap(シュガートラップ。通称シュガトラ)』をご紹介します。

 『HINA(ショートヘア)とNANA(ロングヘア)の2人による“悪魔と天使のハイブリッドアイドル”として2014年10月にデビュー。

 めっちゃカッコイイんですよ。ステージに登場して、踊りだす姿が、歌う姿が。そして、フロアをあおる姿も。あぁ、このコたちは売れるだろうなぁと思わせる華があります。

 ところが、一転、MCになると、土佐弁でのゆるーい語りになりホッコリ。「〇〇やきぃ」とか言われると、方言女子ってなんかいいわぁ~と、萌えますw このギャップも魅力的。物販での会話も、時々土佐弁がわからないこともありますが、すごく楽しそうに接してくれるので問題ありません。というか、好感度が増します。推しがいのある、今見ておくべき地方アイドルのひとつです』

 (「“推し増し”は正義です」第四回2016年7月23日掲載より抜粋)

 という感じで2年前に紹介しました。東京でのライブ本数が減って大丈夫かなぁ?という時期もありましたが、名古屋、大阪でライブを重ね、人気も実力もアップし、再び注目の存在になっています。

 --お久しぶりです。ラウド系のアイドルは激戦区。よくぞ生き残ってるなと思ったのですが、その理由は何だと思われます?

 HINA「去年まではバーンとかドーンとか、そういう音が多かったけど、今年に入ってからは、いろんなタイプの曲を増やすことによって、1つのライブの中で、いろんなシュガトラを楽しめるようになった。だから、ラウド系のアイドルが集まるイベントでも、シュガトラの曲はオタクも飽きないと思うし、いろんなジャンルの曲を持っているのが強み。以前は「曲がみんな同じに聞こえる」って言われたりしたけど、最近はないよね?」

 NANA「ないね。次のアルバムは全部曲調が違いますし」

 --いきなりアルバム発売の話が出ましたが、具体的には?

 HINA「6月17日のワンマンライブの日に発売します」

 (全国CDショップでの発売は6月16日)

 NANA「へぇ~、そうなんや?」

 --「へぇ~」って、どうして知らないの?(笑)

 NANA「もちろんアルバム出すのは知っていますけど、6月17日はワンマンライブだけだと。その前後のどこかで発売なのかなぁって思っていたので(笑)」

 --どんなワンマンにしようとしているのですか?

 HINA「全曲じゃないんですけど、初めてバンドセットでライブをするので、それが楽しみ」

【続きを読む】

  • HINA中国遠征時「万が一の時のために」実印と年金手帳を持参した
  • NANA遠征時の移動中の車内での過ごし方は経済誌を読んでいる
  • ワンマンライブのチケットはe+(イープラス)にて発売中!
今、あなたにオススメ
Recommended by