2018.5.13 15:51

「Cure WorldCosplay」がコスプレイヤーを中心とした仮想通貨を発行。コスプレ経済圏の発展へ

「Cure WorldCosplay」がコスプレイヤーを中心とした仮想通貨を発行。コスプレ経済圏の発展へ

「Cure WorldCosplay」が発行する仮想通貨「COSPLAY TOKEN」

「Cure WorldCosplay」が発行する仮想通貨「COSPLAY TOKEN」【拡大】

 世界180カ国に72万人の会員を持つコスプレプラットホーム「Cure WorldCosplay」が発行する仮想通貨「Cosplay Token(COT)」を使ったICOが話題となっている。

 上海の調査会社チャイナ・リーサーチ・アンド・インテリジェンス(CRI)の推定では、世界のコスプレ愛好家が2017年にコスチュームに費やした総額は178億ドル(約2兆円)となっており、さらにコスチュームの費用だけでなく、アフターパーティーや、宿泊費、交通費、運営費、撮影代、作品購入代などを合わせると、その5倍以上の市場規模があるとみられる。

 一方、ICOは「イニシャル・コイン・オファリング」の略で、仮想通貨を活用した資金調達を指す。最近は海外を中心にICOによる事業資金の調達が活発化している。ICOでは、企業が資金を集めるために「トークン」と呼ぶ独自の仮想通貨を発行。企業は事業計画などをまとめた「ホワイトペーパー」を作り、投資家はこれを読んでトークンを買うかどうか判断ことになる。

 「Cure WorldCosplay」では、自身の持つ世界最大級のコスプレプラットホームを利用し、コスプレに関わるコスプレイヤー、カメラマン、造形師、ユーザーの課題をブロックチェーン技術を用いることで解決することを目指している。

 ここでいう課題とは、1)決済アカウントを持たないことによる弊害、2)コンテンツに対する収益分配、3)信頼・評価の不透明性、4)顕在化されない価値、5)情報のグローバリゼーションがあげられている。

 では、それをいかに解決するのか。

 プレイヤーの多くはクレジットカードも保有していない10~20代の若者が多く、決済アカウントが限られていることにより、経済的な活動比率があがっていない。COTを使うことでCureのプラットホーム内でやりとりが可能となり、また、取引所で他の仮想通貨に変換することで銀行で日本円などの通貨に交換することも可能になる。

 コスプレのデジタルコンテンツ市場は拡大しているもののコピーライトなど諸問題からプレイヤーが正当な報酬を受け取っていません。これをブロックチェーンを使って権利を明確にすることで、収益の正確な分配につなげる。

 プレイヤーとコスプレ関係者のトラブルが問題となるなか、ユーザーからの評価だけでなく、カメラマンや他のプレイヤーが評価し合いブロックチェーンに記録されることで、より信頼性の高い評価の仕組みを実現する。

 プレイヤーは多くの時間と費用をかけて作品を作っているが、その作品の金銭的な価値を生み出すことは非常に難しい。これをプラットホーム内で記事が公開されたプレイヤーに対しユーザーからの評価にトークンを発行する仕組みも構築する。

 Cureのプラットホームはすでに12カ国語に対応しているが、さらに翻訳者や情報協力者がユーザーからの評価の対価としてトークンを得ることができるシステムにより、さらに情報の質と量を増やす方向だ。

 さらにCureは、ブロックチェーンベースのデジタル会員カードの発行や、AIによる違法写真のモニタリングなどを実施して、コスプレ市場の継続的な成長を目指している。

 ICOは、企業にとって手っ取り早い資金調達手段だ。対比される新規株式公開(IPO)は上場準備の期間を含めて数年を要する上、上場後は株主還元などを果たさねばならない。

 仮想通貨市場の成長に伴い、ICOによる資金調達は広がりをみせている。CureはCOTの総発行量を10億枚とし、うち4億枚をICOにより発売することにしている。1COTの価格は0.0001ETH(イーサリアムクラシック)としていることからもかなりの値上がり期待していることがうかがえる。いずれにしろ、市場としてかなりの規模が見込めるコスプレ市場で、既に世界で72万人の会員を抱えてるCureが運用するCOTは、今後の仮想通貨の市場成長を踏まえて注目されるだろう。

 【ブロックチェーンとは】

 分散型台帳技術、または分散型ネットワーク。サトシ・ナカモトが開発したとされるビットコインの中核技術を原型とするデータベースで、ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。このブロックがチェーン状に並ぶことからブロックチェーンと呼ばれる。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータをさかのぼって変更することはできない。また、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。

  • 「COSPLAYTOKEN」はコスプレ関連のあらゆるシーンで活用出来る
  • 「COSPLAYTOKEN」はコスプレ関連のあらゆるシーンで活用出来る
  • 「COSPLAYTOKEN」はコスプレ関連のあらゆるシーンで活用出来る
今、あなたにオススメ
Recommended by