2018.4.28 14:50

「絵師100人展 08」が開幕。現代の絵師たちが「雅」を描く。

「絵師100人展 08」が開幕。現代の絵師たちが「雅」を描く。

「絵師100人展 08」内覧会の模様=アキバ・スクエア

「絵師100人展 08」内覧会の模様=アキバ・スクエア【拡大】

 アニメや漫画など、現代日本のポップカルチャーの第一線で活躍するイラストレーターらの作品を集めた「絵師100人展 08」(産経新聞社主催)が28日、東京都千代田区のアキバ・スクエアで開幕した。

 8回目となる今回の共通テーマは「雅(みやび)」。同展には漫画家、イラストレーターとして活躍中の蒼樹うめさん、岡崎武士さん、広江礼威さんや、アニメ「超時空要塞マクロス」のキャラクターデザインを手掛けた美樹本晴彦さんらに加え、インターネットで積極的に作品を発表しているイラストレーターや、期待の若手ら作家105人が参加している。

 先人たちが長い歴史の中で培ってきた美意識と、最先端の「萌(も)え絵」のコラボレーションを楽しんでみてはいかがか。

 5月6日まで(期間中無休)。高校生以上1000円、中学生以下無料。問い合わせは公式サイト(http://www.eshi100.com/)の問い合わせページから。

  • 「絵師100人展08」内覧会の模様=アキバ・スクエア
  • 「絵師100人展08」内覧会の模様=アキバ・スクエア