2018.3.13 17:04

【伊藤崇コラム】「声優になろう!」#025 声優としての道を探る

【伊藤崇コラム】

「声優になろう!」#025 声優としての道を探る

声優としての道を探る

声優としての道を探る【拡大】

 ネット声優のことなんですが、ちょっと、難しいかなと・・・。

 えーと、そうですね、ワークショップに来ている人たちに勧めるか?といわれれば、勧めない、と答える。

 では、ネット声優はダメか?と聞かれれば、そうとも思えない、と答えるだろう。

 対象の人の現状によると言うのが本音かな。

 ワークショップに来ている人たちは今のペースで行くと、3カ月に1回の割合でオーディションがあるわけだから、ネット声優で有名になるのはプラスになるのか、マイナスになるのか分からないから、今は勧めない。

 それに、他の状況にある人に比べれば、圧倒的に有利に仕事のチャンスがあるわけだから、まずはそれをつかめよ~っってな感じです。

 ただ、現在、ものすごく多くの人が声優になりたいと思う人がいて、中堅でも仕事がない人がいるくらいだから、それ以下のキャリアの人たちは発表の場がないと言うのは分かるんですよ。

 そうなると、ある種、劇団ブームがあって、それから、その枠から外れた人たちが、小劇団を立ち上げたりと、そのような現象に似ているような気がします。

 だって、主役をやるには別媒体を立ち上げるしかないもんね。

 小劇団だったら、主役がはれる!と思ったら、小劇団に行った方がよいと思う人もいるでしょうし、大きな劇団に入れなかったら、自分でやるしかないもんね。

 それで成功すればと思うのは当然だし。そうすると、やはり、あくまで、本道を目指しつつ、やるのが良いかな。

 やれば練習にはなるからなぁ。でも、リスクもあるでしょうし、う~む、難しいですね。

伊藤崇

「伊藤 崇」イメージ画像(いとう・たかし) 某大手印刷会社にて、アートディレクターとして活躍後、アニメ業界に転職。プロデューサーとして、(株)アクタス(株)セブンアークスで活躍し、現在、スタジオ藍丸で活動している一方で、有名漫画家の個展企画やIMTACで声優養成所講師として活動している。声優ワークショップOTTIの主催者 HP:(http://aska.gr.jp/otti/