2018.2.13 15:05

【伊藤崇コラム】「声優になろう!」#021 OTTIワークショップ好調です。

【伊藤崇コラム】

「声優になろう!」#021 OTTIワークショップ好調です。

OTTIワークショップ好調です

OTTIワークショップ好調です【拡大】

 なんだか、アクセス数が増えていまして、そうなると、不特定多数に向けて書かなければと、カッコを付けようとしている今日この頃です。

 そういえば、学生さんは休みが終わりましたね。休みにライバルに差をつけられた人、差をつけた人、それぞれさまざまな模様があると思います。

 正直、専門学校に行っているからと言って、声優になれるわけではないのですが、というか、成れない人のほうが多いのですが、・・・。その辺りはどういう風に考えているのか興味のあるところです。

 現実的な問題で言えば、その後の身の振り方とか、養成所選びとか、どのように考えているのでしょうか?本当に知りたいですね。

 やはり、他の養成施設にいる子たちと比べると現実味に欠けるところがあって、ある種、危ういと言うしかないという感じがしてなりません。もう少し意識を変えないと、大変なことになるのになぁ~と思っています。

 特に、休みに何を経験したかによって変わるでしょうし、できれば、現役のプロの思考に触れもらえばよいのですが、そう、簡単にはいかないのも分かっています。

 今からでも遅くないので、どこか、良いワークショップを見つけてください。

 ところで、前にも書いたかもしれませんが、私のOTTIワークショップって学生を対象に始めようとしていたんですよね。ただ、現実には養成所生や事務所の新人さん相手になってしまったのですが、まあ、それ自体は良いんですが、私の予想を超えて、やはり、専門学生の意識が低いことが問題かと思いますね。

 まあ、良く聞くのは学校のせいにするという意見ですかね。

 でも、専門学校出て、すぐにデビューできる人間も居るわけですから、

それは言い訳にしか聞こえないです。と言うか、聞いても何とも思いませんけどね。

 実際、専門学生時代にデビューしたっていいんです。そのために、プロデューサーを呼んだりしてるのです。まあ、ほとんど、現実にぶち当たっている人たちのための好機を作っているような状態ですが、それも個人的には良しとしています。

 やはり、意識を持っていない人間がいくら続けても意味ないです。なんとか、現状打破のために、努力してください。

 私のOTTIワークショップ、希望者が受講できずに、漏れそうな勢いを感じています。ちょっと、自慢ですが・・・すいません。

 盛況になればなるほど、難しいところも出てきたりして、大変なんです。まあ、他のワークショップや私塾などの指導者から見れば、相変わらず許せない存在でしょうが・・。

 でも、こちらから言わせてもらえば、現役バリバリの部分をこなしつつ、やってんだから!

 それに、最初に描いた絵図とは違ってしまっているし、こっちだって大変なんだよと言いたいんですけどね。

伊藤崇

「伊藤 崇」イメージ画像(いとう・たかし) 某大手印刷会社にて、アートディレクターとして活躍後、アニメ業界に転職。プロデューサーとして、(株)アクタス(株)セブンアークスで活躍し、現在、スタジオ藍丸で活動している一方で、有名漫画家の個展企画やIMTACで声優養成所講師として活動している。声優ワークショップOTTIの主催者 HP:(http://aska.gr.jp/otti/

今、あなたにオススメ
Recommended by