2018.1.24 13:20

【上村彩子コラム】ゲームのお仕事

【上村彩子コラム】

ゲームのお仕事

特集:
上村彩子
ゲームのお仕事

ゲームのお仕事【拡大】

 こんにちは! 上村彩子です。

 前回はアニメのお仕事についてお話をさせていただきましたが、ゲームのお仕事のリクエストをいただいたので、今回はゲームのお仕事について書いてみようと思います♪

 声優のお仕事を色んな人の前で話するとき、中心になるのはアニメのお話が多いと思います。 なぜかというと、一般的に声優=アニメのイメージが強いことと、ギャランティや収録の流れがある程度統一されているので、お話ししやすいのです。 じゃあゲームは?というと、答えは「作品や会社によって違う」というのが正直なところです。 だから、「ゲームのお仕事はこういうものです」とは言いにくいのですが、一例として読んでいただけるとうれしいです!

 ゲームのお仕事において統一されていることは、1人で収録することです。 なので、集中できる半面、長い時間ブースの中で1人だと寂しくなってきたりします(笑)

 ゲームによって収録する容量はさまざま。 ちなみに、容量は「ワード」で表現します。(1文=1ワードになります)

 フルボイスのゲームだと何千ワードとあるものもあるし、1部分のみボイス付きだと百ワードくらいのものもあります。 最近は登場キャラクターの多いゲームが多いので、数キャラを1人の声優が担当するようなケースも増えていますよ。

 収録の方法としては、こんな感じになります☆

 スタッフさんと打ち合わせ

  ↓

 1部分をテスト

  ↓

 本番

 なかなかシンプルですよね。

 アニメと違って原作となる作品がないことが多いので、収録前はスタッフさんと作品や担当するキャラクターの打ち合わせをします。 事前に世界観やキャラの資料もいただいているのですが、実際にお話しさせていただく方が感覚が分かりやすいのです!

 そしてテスト。テストでマイクチェックやキャラクターの雰囲気をすり合わせします。 テストがOKだったら本番がスタート! アニメと違ってセリフ全てはテストしません。 おそらく、一通り読むだけでかなりの時間がかかることと、のどの負担も考えてのことだと思います。

本番は、10~20ワードずつ読む→チェック→リテイクがあったらリテイクのワードを録り直し→次の10~20ワード……という流れです。

 ゲームで難しいのは、色々なシーンが出てくること。 例えば、「おはよう!」というセリフを読んだ後に、「あんたなんか嫌いだったのよ!」というセリフがあって、次に「このケーキ本当おいしいの♪」というセリフがあったり。 もちろん、シーンは全て違います。 そのため、素早く気持ちを切り替えることが大切ですし、次のセリフを見てすぐにシーンを把握できるように読み込んでおく必要があります。

 こんな感じが、ゲームの収録の流れになります♪ いかがだったでしょうか?

 アニメもゲームも、別の魅力があってとても楽しいですよ!(*゜▽゜*)

 

 それではまた次回♪ どろん♪

上村 彩子

「上村 彩子」イメージ画像猫とチョコレートが好きな声優・タレント。出演作は「惡の華」(木下亜衣役)や「乙女ぶれいくっ!」(早乙女乙芽役)、「機動戦士ガンダム戦場の絆 第07板倉小隊」や「野球がぁる」(共に顔出し)など。最近では、振り付けやゲーム制作にも関わり、様々な仕事を行っている。今回コラム初挑戦。

今、あなたにオススメ
Recommended by