2018.1.22 11:27

【伊藤崇コラム】「声優になろう!」#018 意味のないダメだし

【伊藤崇コラム】

「声優になろう!」#018 意味のないダメだし

意味のないダメだし

意味のないダメだし【拡大】

 前に専門学校のことを書いたので、今回は少し、養成所のことを書こうかと思います。

 養成所生で良く聞くのが、意味のないダメだしがきつくて悩んでいることが多いです。何かパターンみたいでバカみたいです。

 これに関して言うと、教える側も教わる方も言える気がします。ワークショップでは、歯にきぬ着せぬ言い方をしているので、ワークショップに来ている人は重複しますが、「お前らをだますことなんて、簡単なんだよ、駄目だ駄目だって言って、お前らを突き放してといて、その後で本音で話そうぜ、って言って、その気にさせて、ああ、良い先生だなんて思わせればいいんだろう?」と毒を吐いてますが、養成所のみなさんどうですか?心当たりはありませんか? あったら気をつけてください。

 問題は教える側が論理的にというか、理路整然と説明ができるかということが大事なのです。駄目劇団の演出みたいに、表面上の蜷川さんのまねをして演出しているバカと変わりがありません。本当に演技論を勉強するには今の日本の学校制度では難しいし、声優を目指している人の大半がそれに耐えられる学識なり、知識がないのもわかります。もちろん、教えている側の大半もそうです。

 では、どうすればいいか? それは、いつもワークショップで言っていることを思い出してください。そこらにある演技論よりも、もっと論理的に説明しているはずですよ。

 所詮、人間は脳という支配からは逃れられないと説明していると思うのですが、どうですか?

 ところで、よく、小説を読めとか、台本読めとか、他人の芝居を見て勉強しろとか、言われてると思うのですが、それぞれにはそれぞれの意味があるので混同しないようにしてください。混同すると、勉強になりませんよ。

 小説、台本、芝居と言葉と漢字が違うのだから、意味合いが違うのは当然です。だから、勉強する目的も違うのです。

 少し、文字に余裕ができたので、ボイスサンプルについて少しだけ、書かせてください。

 ボイスサンプルの問題点というか、仕事のない人に限って、ボイスサンプルの作りが悪いのです。

 良くあるのが、自分勝手なサンプルです。あくまでこちら側の意見ですが、必要のない役柄のサンプルなんて聞きたきないし、時間の無駄であるという意識になります。

 できれば、必要な部分だけを聴きたいという、こちら側の都合があります。もう少し、考えてほしいのです。

 また、サンプルのせりふの悪さというか、つまらない内容が問題です。声と芝居が良くても、印象が悪くなってもったいないです。本人が良くても、作り手側が聞くので、それに耐えられるような台本作りをしてほしいものです。

伊藤崇

「伊藤 崇」イメージ画像(いとう・たかし) 某大手印刷会社にて、アートディレクターとして活躍後、アニメ業界に転職。プロデューサーとして、(株)アクタス(株)セブンアークスで活躍し、現在、スタジオ藍丸で活動している一方で、有名漫画家の個展企画やIMTACで声優養成所講師として活動している。声優ワークショップOTTIの主催者 HP:(http://aska.gr.jp/otti/

今、あなたにオススメ
Recommended by