2018.1.12 20:18(1/4ページ)

【プロレス女子コラム】「るうのプ女子入門道場」Vol.17 年内最終戦 SEAdLINNNG後楽園ホール大会

【プロレス女子コラム】

「るうのプ女子入門道場」Vol.17 年内最終戦 SEAdLINNNG後楽園ホール大会

桃野選手がクソババアと挑発した、山下選手はパワフルに攻撃(第1試合)

桃野選手がクソババアと挑発した、山下選手はパワフルに攻撃(第1試合)【拡大】

 みなさまこんばんは、新人ライターのるうです。今回はSEAdLINNNG2017年最終戦の後楽園ホール大会「SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~」をお届けします。試合前の所属選手あいさつでは、中島選手「きっちり試合で結果を出して、来年に向けたい」世志琥選手「100%のプロレスでぶつかりあって、その上にいきたい」奈七永選手「締めくくりにふさわしいカード。世志琥が100%のプロレスをするなら、200%のプロレスを今日ここでやろうと思います」と意気込みをコメント。所属選手全員年内最終戦である今大会に気合が入っていました。

 第1試合 タッグマッチ20分1本勝負~RAISE A HERE!~「○山下りな&トトロさつきVS長浜浩江&桃野美桜●」9分37秒TKO勝ち(胴締めスリーパー→レフェリーストップ)

 …桃野選手が「くそババア出てこいよ」と山下選手を挑発して試合スタート。私的注目選手は小柄な桃野選手。絞め落とされた後も山下選手にくってかかって行ったりと、パワフルですばしっこくて少しやんちゃで、勝ちへの執念が見えて…観戦していてくせになる選手です。笑顔もキュートですが、負けたときなどの「ギッ」とした表情も良く、表情の変化が読み取りやすいのも魅力の1つだと思います。

 第2試合 ハイスピード3wayマッチ20分1本勝負~ベストオブハイスピード2017~「○ロサ・ネグラVS小林香萌●VS朱崇花」6分28秒オーバー・ザ・トップロープ(もう一人は朱崇花)※レフェリー南月たいよう ハイスピードルール

 …2017年のハイスピードクイーンが決まる今試合。この日のハイスピードはいつもと違いました。リングのトップロープを外して2本にし、オーバーザトップロープの採用。これは度重なるレフェリーへの暴挙を働いた朱崇花選手へのペナルティーが理由。ペナルティーをくらった朱崇花選手はのっけから南月レフェリーを攻撃。ロープワークをしようとするも、背の高い朱崇花選手はそのままひっくりかえってしまう。逆に香萌・ロサはセカンドロープ(トップロープ)をうまく使いこなし攻めていました。あおられた朱崇花選手、ここではセカンドロープからのムーンサルトをしっかりときれいに決める。脚がとっても長くてきれい。朱崇花・ロサはエプロンで香萌選手を落とそうとするも、朱崇花選手にさっきのお返しとばかりに南月レフェリーに場外まで連れていかれていました。最後は華麗にドロップキックなどでロサ選手が攻め込み、リングから両選手を落として勝ち。2017年ハイスピードクイーンはロサ選手に決まりました。

【続きを読む】

  • トップロープが外される特別ルールでの試合(第2試合)
  • 2017スピードクイーンに輝き南月レフェリーと抱擁のロサ選手(第2試合)
  • 共にマスクをしての登場(第3試合)
  • 雪崩式ブレーンバスターで攻め込む奈七永選手(第3試合)
  • 連携がよく取れていた田中・文子組(第3試合)
  • 一進一退の攻防だった第4試合
  • 最後は関係修復の熱い抱擁(第4試合)
  • 重いラリアットを決め込む両選手(第5試合)
  • 最後はダイビング・セントーンで3(第5試合)
今、あなたにオススメ
Recommended by