2017.12.19 19:58(1/5ページ)

【プロレス女子コラム】「るうのプ女子入門道場」Vol.12 プロレスから飛び出し異種格闘技戦「巌流島」へ

【プロレス女子コラム】

「るうのプ女子入門道場」Vol.12 プロレスから飛び出し異種格闘技戦「巌流島」へ

1月3日は舞浜で年始め

1月3日は舞浜で年始め【拡大】

 みなさまこんばんは、新人ライターのるうです。今回はタイトルの通りなんと…初めてプロレスを飛びだして!今私が一番熱いと思っている、異種格闘技の試合を繰り広げている「巌流島」の記者会見に行ってきました。今回の記者会見は2018.1.3に行われる試合に向けて行われたもの。巌流島を知らない方のためにも簡単な説明とともに、今回の記者会見の内容をお届けします。

 まずは「巌流島」について。簡単に2つのポイントにすると「異種格闘技」そして「ルールの随時改定」です。「異種格闘技」皆様はどこまでの格闘技を想像しているでしょうか?相撲?柔道?空手?総合?巌流島はそんなもんじゃないんです。今まで巌流島に出場した格闘技の数は60以上。「カルチョ・ストリーコ・フィオレンティノ」なんて見たことも聞いたこともない方がほとんどだと思います。これは「喧嘩フットボール」と呼ばれるイタリアで生まれた伝統的な古代フットボール。陣地にいくまでに攻撃と守備が接近戦で殴り合い、蹴り合い、レスリングで投げ合う、ローマ帝国の格闘球技です。このエース級の選手が巌流島に参戦して活躍しています。

 他にも、最近芸能人の方でも習われている方が多い「カポエイラ」という、ブラジルの奴隷たちが練習していた格闘技と音楽とダンスの要素が合わさったものから誕生した競技の選手も参加し9月の大会で日本人の菊野選手(沖縄拳法空手)に敗れるまで日本勢に全勝していました。

 私が特に好きな二つを紹介させていただきましたが、このように名前を見たことも聞いたこともないような海外の競技から、なじみ深いプロレスや柔道などの競技が自分のバックボーンの競技を大切に戦うのが巌流島の異種格闘技戦です。

 続いては「ルールの随時改定」。格闘家や関係者、そしてファンが一からルールについて議論し、実際に試合で検証、そしてまた議論をし巌流島のルールは第一回試合の時から全員で作り上げられています。現在のルールはhttps://ganryujima.jp/rule巌流島の公式HPに掲載されていますので、ぜひ皆様ごらんになってください。どの競技も公平に試合ができるよう、ルールが改定されていっています。

【続きを読む】

  • 岩崎徳正選手(左)・蓮見隆太選手(右)
  • 斐成選手(左)・鈴川真一選手(右)
  • カルロス・トヨタ選手
  • 関根“シュレック”秀樹選手
  • 小見川道大選手
  • 菊野克紀選手
  • 1月3日のメインが楽しみです
  • 谷川Pを囲んで
  • 記者会見でも一同凄い迫力でした
今、あなたにオススメ
Recommended by