2017.12.7 19:06

【畑史進コラム】あぁ素晴らしきかなTVゲーム第87回 ふざんけんなバイオハザード7!ユーザーを小ばかにするメーカー達へ

【畑史進コラム】

あぁ素晴らしきかなTVゲーム第87回 ふざんけんなバイオハザード7!ユーザーを小ばかにするメーカー達へ

特集:
畑史進
エンドオブゾイが発表された時の公式の内容がこちら

エンドオブゾイが発表された時の公式の内容がこちら【拡大】

 最初に一言断っておく、僕は人に胸を張って『バイオハザード』が大好きだ。今年の春に死に物狂いで映画のパンフレットを携わったが、愛を持って執筆した。

 しかも、今年の1月には最新作『7』がナンバリングシリーズ初のFPSとしてリリースされて、新シリーズの展開に大きな期待を膨らませVR最高峰の出来であることも忘れてはいない。そして、クリア後にはシリーズを長年支えてきたバイオゴリラこと、クリス・レッドフィールドの登場する「Not a hero」が、無料アップデートで春にやって来ると知ってワクワクしていたもんだった。その間は追加DLCをお得に買えるシーズンパスを購入して、新しいミニゲームやストーリーを体験することで寂しさはなかったさ。

 しかし、春になると急遽(きゅうきょ)公式のYouTubeチャンネルで「クオリティアップのため」といういつもの文言を残して半年、ようやく口を開いたかと思ったら「Not a hero」は12月に配信開始となった。そしてストーリーで最も悲劇的な運命を遂げたキャラクターゾイのその後を描く「End of Zoe」が発表された。ほうほう、まだまだバイオハザード7の世界で遊ぶことができるのかと思ったら最後に突拍子もない発表があった。

 全てのDLCと本編をまとめて収録したゴールドエディションが5000円程度で発売されるというではないか!

 イヤイヤおかしいでしょ! こちとら1月の発売初日に8000円出して買っているんですよ? しかも内容に満足したから追加で2000円払ってシーズンパスというDLCも購入したわけで、なんで全てのDLCが入った廉価版が8000円切ってるんだ?

 これが本編だけの価格だったら、これまで往々にして行われた廉価版商法と変わらないから別に文句はでなかったさ。なんでおまけを付けて最初の価格より安くなってるんだ!? これだけじゃない、今月出る新規追加コンテンツまで収録してこの価格だから問題なんだ! 

 まだまだある、海外でも同様の状況なのかと思って調べるとなんとか以外のバイオハザード公式Twitterでは、シーズンパスには「第3の追加コンテンツ」までひっくるめている模様でこれをシレッと日本に向けて告知してこなかった。しかもシーズンパスの値段は為替を考えても日本と1000円の差だ。

 どういうことだ!?

 つまりわれわれ日本の「バイオハザード7」を発売日近辺で満額支払ってさらに追加コンテンツをお得に遊べるといわれ2000円払ったDLCは2つまでしか遊べない。でも海外の人は3つ分遊べますよん♪ 日本という狭い島国に住んでいる人はミサイルが飛んでこようと平然と日常を謳歌(おうか)するくらい海外のことなんか気にしないだろうから第3のコンテンツは1500円払って遊んでね(はーと)ってことだ。ふざけんじゃねーよ!!!こちとらこのゲームを応援しようと思って9000円近くをぶち込んだんだぞ、それがたった一年で半額近くになって、その上、その廉価版に内容量が劣ってるってどういうことじゃい。しかも「春」にリリース予定のクリスのゲームを延期した揚げ句の果てに同じ時期に新コンテンツを有料で出すって、もうメーカーとして期日を守ろうって誠意が感じられん。

 これだけブチギレていると、まるで「新コンテンツ」をタダで遊ばせろバカヤローという風に聞こえるかもしれないがそういうわけじゃない。海外ユーザーと500円程度といえど内容に差があったり、一年以内に完全版を出して早期購入者に中指立ててバカにしている態度に対して頭にきているだけだ。よっぽど背徳感があるのかしらんが、現在日本の公式サイトではシーズンパスの案内は削除しているという姑息(こそく)な手段を打っているのも言及しなくてはならない。

 はっきりいうとこの完全版商法という方式はこの業界で往々にして行われたし、海外版が日本版より優遇されている「お前の国は知らね」というような状況は珍しくなかった。そのようなことが起きるたびに日本のゲーマーは涙をのんできたわけだ。今回のような追加DLCを組み合わせてここまでユーザーをバカにした例がないため、啓蒙(けいもう)の意味を込めて怒っているのだ。

 そしてメーカーからの告知も最悪だ。クリスのDLCはいくら無料といえど、春にリリース予定といったのなら何がなんでも出すべきだろう。出せる自信がないなら時期まで書くな。中古対策のために嘘を言っているんじゃないかと勘ぐるし、ゲーム業界の必殺技の「クオリティアップのため」という言い訳もうんざりだ。ちゃんと作り込んで発売できること、リリースできることを確認してから発表しろ! こっちだってお財布の予定があるんだよ。

 それで、その上「据え置きゲームはもうからない、元気がない」とか思われりゃ、そらそうよとしか言えないわ。元気を出し欲しかったら同じ水準で出しなさいよ。ちゃんとユーザーを大事にしなさいや。ましてや「バイオハザード7」は日本発のゲームだぞ!

 こういう場合、不買運動を呼びかける人がいるが、僕の場合はそれは違うと思う。あえて逆に買って大文句を垂れてやるのだ。きたる12月14日必ず買って今回のユーザーを小ばかにした行為を許してはならんと声高々に主張するのだ!

畑 史進

「畑 史進」イメージ画像フリーランス声優・ナレーター フリーランスライター。日々、ゲームネタを漁りながらニコ生放送にも出演。スター・ウォーズ解説員、TVゲーム解説員としても活動中。

  • この画像は判明したときに次のDLCがあると言うわさが出たんだよね
  • 次の画像と比べても日本とは大差がないのが分かる
  • ここまでは良かった・・・
  • 発売決定してんだから海外と同じにしなさいよ・・・
  • いくら為替の差があれど全てひっくるめて500円程度変わるのはちょっとなぁ・・・
  • しれっと消している所も許せん
  • いや3,000円で最初から出しなさいよ・・・
今、あなたにオススメ
Recommended by