2017.11.15 19:44(1/5ページ)

【畑史進ゲームレビュー】「タイムリミットは3時間!?」第10回 『スター・ウォーズ バトルフロントII(EA版)』を3時間プレイ!

【畑史進ゲームレビュー】

「タイムリミットは3時間!?」第10回 『スター・ウォーズ バトルフロントII(EA版)』を3時間プレイ!

特集:
畑史進
パパパパーン・パーン・パパパパーン もうやめよう。と言うかレイちょっと不細工じゃないか?

パパパパーン・パーン・パパパパーン もうやめよう。と言うかレイちょっと不細工じゃないか?【拡大】

 パパパ・パーン・パーン・パパパパーン・パーンパパパパーン・パーンパパパパーン。

 まるで頭のおかしい人に思われるので、この辺にしましょうか。今回紹介するタイトルは、誰もが知る超有名映画『スター・ウォーズ』シリーズのゲーム最新作『バトルフロントII』。今年始めのコラムでも触れたけど、このタイトルは既に使われたもので、最初はルーカスフィルム直属のゲームスタジオ「ルーカス・アーツ」が制作、販売をしていた。その時のゲームも今作同様にストームトルーパーや反乱軍の一兵士になって闘うFPS、TPS作品だった。

 これより前には、同様のものとして『リパブリックコマンド』や『バトルフロントI』があったんだけど、初代『バトルフロントII』は特に盛り上がった。というのも、この作品から初めて戦場にルーク・スカイウォーカーやオビ=ワン・ケノービ、ヨーダのジェダイやダース・ベイダー、皇帝パルパティーンのシス卿、ハン・ソロやボバ・フェットのような人気キャラが無双するというスター・ウォーズファンにとって最高の作品になっていた。

 このヒーローたちが戦場に現れると、戦局がひっくり返るほど強めに設定され、それにこの当時はゲーム機のスペック向上から『三國無双』のような無双系ゲームが新しいアクションゲームのスタイルとして支持されていたこともあってか、このゲームは日本では動画サイトなどで長いこと「スター・ウォーズ無双」と別称が付けられていた。確かに初代『バトルフロントII』はスター・ウォーズゲーム最初で最後のジェダイ、シスが一堂に会してライトセイバーやフォースを駆使して大暴れするタイトルだったのでお祭り感が半端なかった。

【続きを読む】

  • しゃーないこいつを選ぶかと思ったけど、今回はヒーローが1ゲーム内のポイントで使えるんやね
  • カイロレンわな映画見るまでは良かったんよ・・・
  • うーむここまで旧作に寄せる必要があったのかな?
  • ストーリーモードはよく出来ていると思うし、この視点からのストーリーはないんで感激した
  • おぉ!見たことあるぞというのにひたれるのが版権ものゲームの良いところ
  • このTIEファイターよく見ると専用機っぽい。
今、あなたにオススメ
Recommended by