2017.11.10 19:11

歴代ゴジラから最新アニメまで、有楽町に一挙集結!ゴジラ展「GODZILLA SHOW SPACE」開催!

歴代ゴジラから最新アニメまで、有楽町に一挙集結!ゴジラ展「GODZILLA SHOW SPACE」開催!

有楽町マルイで開幕した『GODZILLA SHOW SPACE』

有楽町マルイで開幕した『GODZILLA SHOW SPACE』【拡大】

 歴代ゴジラから最新アニメ『GODZILLA 怪獣惑星』までが一挙に集結するイベント『GODZILLA SHOW SPACE』が11月10日、東京・有楽町マルイで開幕した。17日から公開される映画『GODZILLA 怪獣惑星』を記念するもので、アニメゴジラの映像や資料のほか、初代ゴジラからシン・ゴジラまでの全29作品の貴重な資料や怪獣の模型、ジオラマなどを展示している。

 また、入場特典として、『GODZILLA 怪獣惑星』オリジナルしおり1枚(全5種)がランダムで配布される(未就学児を除く)。

 初日は開幕記念として有楽町マルイ正面入り口で開幕式が行われた。開幕式では丸井の青野真博・常務取締役が駆けつけ、会場に“現れた”ゴジラと一緒にイベントとアニメ映画ポスターの垂れ幕のボタンを押して開場を祝った。このあと、開店とともに8階の会場には多くのファンが詰めかけていた。

 また、会場には10月30日に新宿マルイアネックスにオープンした「ゴジラ・ストア Tokyo」のサテライトショップが併設され、産経新聞社夕刊フジ発行の「ゴジラ新聞弐号」を始め、ゴジラの公式グッズやオリジナルグッズが販売されている。

 入場料は1,000円(税込)、中学生以下は300円(同)、未就学児無料。営業時間は11時~21時(日・祝は10時30分~20時30分)。開催期間は2018年1月8日まで。

 映画『GODZILLA 怪獣惑星』は、「怪獣」と呼ばれる巨大生物の出現で地球を追われた人類が、2000年後に再び地球を取り戻すため、地上に“君臨”するゴジラと戦う-というストーリー。ストーリー原案・脚本を虚淵玄(ニトロプラス)が担当し、アニメ制作には3DCGを得意とするポリゴン・ピクチュアズが担当する。監督は静野孔文と瀬下寛之の2人。主人公のハルオ・サカキを宮野真守、ヒロインのユウコ・タニを花澤香菜が演じるなど人気声優が出演することも話題となっている。

 ■『GODZILLA SHOW SPACE』特設サイト(https://www.0101.co.jp/godzilla-show-space/

 ■『GODZILLA 怪獣惑星』オフィシャルサイト(http://godzilla-anime.com/

 ■ゴジラ・ストア(http://godzilla.store/shop/default.aspx

  • 最新アニメ『GODZILLA怪獣惑星』のキャラクター展示
  • 会場内はゴジラの貴重な資料などが展示されている
  • ゴジラのジオラマ。入場者に反応して目が光り咆吼がが響き渡る
  • 有楽町マルイ正面入り口で行われた開幕式
  • 多くのファンでにぎわう会場
今、あなたにオススメ
Recommended by