2017.11.9 15:53(1/3ページ)

【畑史進コラム】あぁ素晴らしきかなTVゲーム第83回 マリオオデッセイをクリアして

【畑史進コラム】

あぁ素晴らしきかなTVゲーム第83回 マリオオデッセイをクリアして

特集:
畑史進
ノコノコレース復活は嬉しいぞ!

ノコノコレース復活は嬉しいぞ!【拡大】

 先週ドラクエ11がようやく終わったとコラムで報告して、RPGについていろいろぼやいた矢先に『マリオオデッセイ』のクリア報告とは自分でも何事かと思う。

 『マリオオデッセイ』は10/27発売で、クリアしたのは11/5の日曜日。僅か10日程度でのクリアである。もちろん全てのパワームーンを集めきってはいないので、これからも暇になったらちょいちょい遊ぶ予定はある。むしろ他のゲームをすっ飛ばしてマリオの乳首を拝みたいしパワームーンも集めていきたいと思ってる。一方ドラクエ11は2カ月近くぐだついていたというのにこの差は一体全体何だったのだろうか?

 あるハードの狂信者に言わせれば「ニンテンドーSwitchが携帯できる神ハードだから手軽に触れたのだ!」というだろう。確かに間違っていない。電車の中でも家の中でもドックから外して、ぽちぽち進めることができた。しかし、その携帯モードでのプレイは20時間近く遊んだ中のほんの5、6時間でしかない。家の中でどっしりと遊ぶときには、大概テレビにつなげてハイクオリティで製作されたマリオを堪能したいからだ。携帯モードで遊んだのは仕事の片手間ほんの休憩にしか遊んでない。それに「マリオオデッセイ」は携帯モードで遊ぶのとTVモードで遊ぶのとでは、コントローラーに内蔵されているジャイロセンサーのためにゲーム性や難易度が全然違ってくる。だから家でドックとTVが繋がっている環境があるならなおさら携帯モードで遊ぶ意味はない。それでも遊ぶ人というのは、家にいるゲームの番人の目を盗むかマゾプレイ主義者くらいしかいないだろう。

 あくまで個人的な視点だが、プレイの継続力、持続力をプレイヤーに訴えていたのはドラクエ11よりもマリオの方が強かったように感じる。

 ここでマリオのブランド力を焦点に語るのはお門違いで、『マリオオデッセイ』には彼のカリスマ性を超えたゲーム中の仕掛けに、罪と言っていいほど魅力あふれる要素が仕込まれていた。

 ■3Dマリオ3度目の革命!

 ようやくゲーム本編に触れていくが、オープニングはいつもと変わりがないクッパによってピーチ姫がさらわれるといういつものお決まりパターンが展開される。今回はさらう目的として、彼女との結婚式を挙げるためというエロ同人誌もびっくりな内容だ。その上、最高の結婚式にするために世界中から最高級の品物を取りそろえるという徹底された目的なので、28年の人生の中で初めて漢クッパを見直してしまった。

【続きを読む】

  • これはエミュレーションをしたものではなくて、一から再構成している所が良い!
  • おぉ!懐かしのドンキーコング
  • よっぽどのゲーム好きじゃないと分からない看板は・・・
  • こういうのもあれなんだけど、今知られているドンキーコングはこのおさるさんの息子なんだよね・・・しかもこのコングさんもうすでに逝去されて・・・
  • てめぇ誰だと思ったらドンキーコングに攫われてたレディじゃないか
今、あなたにオススメ
Recommended by