2017.11.7 16:20

【高橋信之コラム】いよいよ、サメ映画祭、始まります!

【高橋信之コラム】

いよいよ、サメ映画祭、始まります!

特集:
高橋信之
国際映画祭にふさわしい厳かにしてゴージャスなロゴが仕上がりました!

国際映画祭にふさわしい厳かにしてゴージャスなロゴが仕上がりました!【拡大】

 『東京国際サメ映画祭 2017:前夜祭』

 以前も本コラムで提案した「サメ映画」の祭典、いよいよ開催です。

 いやあ、寝言うわごとのようにつぶやいていたら、なんとなく実現化しつつありますね、実にオモシロイ。

 私ことタカハシが「サメ映画」を推すのは、単にサブカル好きだからではありません。

 この分野が若いフィルムメーカーにとっての「ジャンルムービー」になる可能性があると思っているからなのです。

 「ジャンルムービー」というのは、映画の分類ラベルのこと。

 「ホラー」「ゾンビ」「SF」「カンフー」「ギャング」「戦争」「カーアクション」といったジャンルに沿った映画は、それぞれのジャンルファンが常に新作を求めてアンテナを張っているので、無名のプロダクションや新人監督のデビューにはうってつけなんですな。

 黒澤明、スピルバーグ、チャプリンといったブランド化した監督やハリソン・フォード、トム・クルーズなどの有名俳優と違い、多くの観客は映画監督や俳優の名前には無頓着なもんなんですね。となると新人監督のデビューチャンスとは、映画祭での新人賞授賞、ジャンルムービーでの話題作りのふたつが実に有効なんです。

 ジェームズ・キャメロン監督は『殺人魚フライング・キラー』で、サム・ライミ監督も『死霊のはらわた』で、クエンティン・タランティーノ監督は『レザボア・ドッグス』でと、一定層のファンがいるホラー映画やギャング映画で名を上げています。

 ところが、サメ映画には他のホラー映画、ゾンビ映画、ギャング映画に比べるとひとつ弱点があります。それは「サメの特撮プロップやCGに金がかかる」ということ。

 全長3mを超えるサメのダミー人形、海中を行くサメのCG映像は、新人監督には、ちと荷が重いと思われます。

 ならば、これらの「貸出」を仲介すればいいんじゃないか?

 サメ映画祭の新人部門では、先行するサメ映画の製作スタジオにかけあって彼らが過去に作った作品で使用した「サメプロップ」「サメ映像CGフッテージ」を、新人監督やプロダクションに貸し出す仲介をしたいと思っておるのです。

 で、新人監督はお返しとして新作の配給権や窓口権をお世話になったスタジオに任せると。新人の登龍門として、サメダンス映画祭と呼ばれたいかと。

 という大志を抱きつつ、まずは、第0回のプレイベント、やります!

 ヲタカル、Webサンスポさんにも、協力を頂きます。

 開催当日は、サメスポ増刊号も発行したく思います。

 来年春~夏を予定する「東京国際サメ映画祭」のプレイベントとして、サメ映画好きの祭典:サメ映画天国としてトークライブ+シネマ上映形式での開催です。

 B級映画、Z級映画を笑って許して一緒に見られるともだち「サメとも」を見つけるチャンスとしてぜひぜひ、ご活用ください。

 

 ■上映予定

 大人気サメ映画シリーズ最新作『シャークネード5/ワールド・タイフーン』本編

 ナチスゾンビ系SF最新作『スカイシャーク』予告篇+キャスト紹介

 ■フード予定

 サメのてんぷら/フライ、フカヒレスープ、ふかひれ酒、

 ■トークゲスト

 中野ダンキチ(映画ライター)/テリー・天野/ドリー・尾崎(映画ガチンコ兄弟)/中野将樹(アノマロカリス芸術家)/三留まゆみ(イラストレーター)/鶴岡法斎(サブカルコメンテーター)他。

 【会場】新宿歌舞伎町 ロフトプラスワン

 【日時】2017年12月6日 OPEN 18:00 / START 19:00

 【料金】前売 1000円 当日 1500円(飲食代別)

 【出演】サメ映画ラバーズ多数

 TEL 03-3202-2518 FAX 03-3202-1040 MAIL shark@cyberdyne.co.jp

 【前売】イープラスのみ

 (http://eplus.jp/sys/T1U14P002241794P0050001

 Facebook公式サイト(https://www.facebook.com/sharkfilmfes/

 Wix公式サイト(https://shark0687.wixsite.com/shark-film-festival

高橋 信之

「高橋 信之」イメージ画像スタジオ・ハードデラックス株式会社 代表取締役 東京国際アニメフェア実行委員 日本アニメーター・演出協会 応援団長 アニメ記者クラブ/アニメプレスセンター 起案者・理事「出版や広告、商品開発、映像メディアで活動するプロデューサー/プランナー。アニメ、SF映画、ビデオゲーム、玩具、デジタルデバイスなどを得意分野とし、多くの雑誌編集者やデザイナー、映画監督と交流する。

  • 日本文字版のロゴは、こちら。サメの背ビレがポイントです!
  • 今回は、プレイベントということで本編上映は『シャークネード5』一作のみ!
  • ディープ歌舞伎町のサブカル基地ロフトプラスワンでの開催!
  • MGM映画の「レオ」も、サメに食べられました!という設定です!
  • ゾンビアクション映画の定番、チェーンソーも空飛ぶサメ相手に大活躍!
  • 「シャークネード5」のシンボルアイテムとしてつくられた特製チェーンソー
  • シャークネード5は、英国情報部のスパイ(007?)が、凶悪ザメ相手に大活躍!
  • 『キル・ビル』臭が半端ないゾ!女スパイにも、期待!
  • 巨大ザメが食い散らそうとしてるジェット機に、注目!
今、あなたにオススメ
Recommended by