2017.11.1 13:35

【上村彩子コラム】「チョコレート検定」に合格しました!

【上村彩子コラム】

「チョコレート検定」に合格しました!

特集:
上村彩子
「チョコレート検定」の会場

「チョコレート検定」の会場【拡大】

 こんにちは、上村彩子です。

 わたしが大好きなお菓子。それは、「チョコレート」です!(特にビター) 常にバッグの中にチョコレートを持ち歩くくらい大好きです(´∀`*) 自分のブログのタイトルも、チョコ好き故に「チョコはやっぱりビターでしょ」という名前にしています(笑)

 そんなチョコレート好きのわたしが、「チョコレート検定」を受けてきました! 初級と中上級の2階級に分かれており、わたしは中上級の「チョコレートエキスパート」に挑戦してきました。

 結果は……合格しましたーーー!!!

 うん、なんとか合格できました(汗) そう自分でも自覚しているくらい難しかったです(^_^;)

 チョコレート検定ってどんなことやるのよ?と思われるかとおもいますが、ざっくり言うとこんな感じです。

 ・チョコレートに関する歴史

 ・カカオ豆について

 ・チョコレートスイーツについて

 ・チョコレートの健康効果

 もっと細かくすると、チョコレート店や表示規約や市場や産地のこととか色々あるのですが。

 「チョコレートはカカオ豆から作る」っていうのは何となく知っていても、どうやって作るかまでは知らない方が多いですよね。わたしも知りませんでした。 カカオ豆を発酵して焙煎したりすり潰したりするのですが、その工程はオーソドックスな板チョコであってもかなり多いです。

 しかも、今は当たり前のようにおいしいチョコレートが食べられるけど、ここに行き着くまでに何人もの人が関わっているのです。 もともとカカオ豆をすり潰した飲み物として広がっていましたが、今のように甘いものではありませんでした。

 そこから「クンラート・バンホーテン」がココアを発明し(そう、あの「バンホーテンココア」の)、「ジョセフ・フライ」が食べられるチョコレートを発明し、 「ダニエル・ペーター」によってミルクチョコレートが発明され、「ロドルフ・リンツ」によって口どけの良いなめらか現代のチョコレートになったそうです。(そう、あの「リンドール」で有名な「リンツ」の)

 今自分が当たり前に食べられるチョコレートの深い歴史や、その中で自分が知っている名前に出会えたことがビックリしました。 皆さんも「面白そう♪」と思ってくださったのではないでしょうか?(^^)

 今回の検定を通してチョコレートの勉強をすることは、すごく楽しかったです♪ ですが、チョコレートが深すぎて覚える内容も多くて、苦手な年号や数字系はなかなか覚えられず。。 中上級は今回できた新しい階級だったので、どういう問題が出るのかどのくらいの難易度なのかが想像できませんでした。 しかも、勉強範囲は初級と同じ。ということは、当たり前ですが初級用と中上級用の難易度を変えないといけないわけで、簡単な問題はほぼ出ず。   「この答えなんだったっけなぁ!?」ではなくて、「……わからん……」という問題も数問あり、ちょっと心折れました。(笑)

 今回はなんとか合格できましたが、改めてちゃんと覚え直したいな~☆と思っています。(*’ω’*)

 ご興味ある方は、ぜひ受けてみてください☆

 それではまた次回♪ どろん♪

上村 彩子

「上村 彩子」イメージ画像猫とチョコレートが好きな声優・タレント。出演作は「惡の華」(木下亜衣役)や「乙女ぶれいくっ!」(早乙女乙芽役)、「機動戦士ガンダム戦場の絆 第07板倉小隊」や「野球がぁる」(共に顔出し)など。最近では、振り付けやゲーム制作にも関わり、様々な仕事を行っている。今回コラム初挑戦。

  • 会場で配られたチョコレート
  • 予習はバッチリ…
  • 認定書をいただきました
今、あなたにオススメ
Recommended by