2017.10.17 13:31

【伊藤崇コラム】「声優になろう!」#006

【伊藤崇コラム】

「声優になろう!」#006

地方の人は東京で情報収集を

地方の人は東京で情報収集を【拡大】

 地方の学校へ、アニメーターの募集で訪れたとき、声優科の子に呼び止められて、聞かれたことがありました。

 「地方から声優を目指すのは不利ですか?」と、その時、不利ですと答えました。

 まずは、情報の少なさ。メーカーと制作会社のほとんどが東京にある以上、東京ですべてが完結しているということなのです。

 声優事務所も当然、東京にあります。

 某アニメ制作会社も東京でアフレコします。

 名古屋、大阪などに大きなゲームメーカーがありますが、名古屋、大阪でアフレコするとなれば、キャスティングには覚悟が必要です。

 大金を積めば別ですが、行きたがらないし、行かせたがりません。

 だから、名古屋、大阪などに大きなゲームメーカーも東京でアフレコする場合が多いのです。

 ということは、必然的に情報が入りにくいのです。

 じゃあ、どうすればよいかというと、まずは、東京に出てきている友人に聞いてみる。

 たぶん、友人自身もそんなに情報は持っていないでしょう、大半は・・・。

 であれば、半年に1回、東京に出て来ることを推奨します。

 もちろん、「私、ビックサイトに行ってます!」じゃなくて、そんな話をしてくれそうな所へ行ってみてください。

 書いてて、だんだん、自分のワークショップの宣伝になりそうなのですが・・、あえて書きます重要だと思いますので。

 話を戻すと、おそらくワークショップが良いでしょう。

 できれば、個人でやられているところ。

 なんでかというと、発言に制約がないからです。(これ以上は書かないけど前の文章の意味はわかってね。)

 それで、そのワークショップに参加するときに『~県から参加するので、演技指導はもちろんですが、声優に関しての情報についても情報がないので知りたいです。なので、30分程度お時間をいただけませんか?』というような話を前もってしておくとよいでしょう。で、質問事項もまとめておくといいでしょう。

 ただ、何を質問してよいかもわからないという人は前もって言っておくことが重要ですね。そこは正直に言いましょう。

 で、そのような情報を得ることで、不利を解消して、逆に有利へと導きましょう。

 地方ということは親元から通っているのでしょうから、情報さえ得られれば、練習時間が自然と増えるでしょうし、目標も定まるでしょう。

 工夫次第で不利を有利に変えられることだってできると思います。

伊藤崇

「伊藤 崇」イメージ画像(いとう・たかし) 某大手印刷会社にて、アートディレクターとして活躍後、アニメ業界に転職。プロデューサーとして、(株)アクタス(株)セブンアークスで活躍し、現在、スタジオ藍丸で活動している一方で、有名漫画家の個展企画やIMTACで声優養成所講師として活動している。声優ワークショップOTTIの主催者 HP:(http://aska.gr.jp/otti/

今、あなたにオススメ
Recommended by