2017.10.10 19:29

【高橋信之コラム】爆誕! アジアのトップクリエーター!

【高橋信之コラム】

爆誕! アジアのトップクリエーター!

特集:
高橋信之
もぎ取った機械獣の首! これ、今までのマジンガーZ玩具になかったオマケじゃないか?

もぎ取った機械獣の首! これ、今までのマジンガーZ玩具になかったオマケじゃないか?【拡大】

 キングアーツインターナショナル(香港)

 少し前に紹介したホットトイズ社は、香港・韓国・日本のコングロマリット(複合)オタク企業として、そのあまりにもリアルなフェイス造形でハリウッドスターたちが「俺のフィギュアはまだ出ないのか?」と心待ちにするほどの人気ブランドになっている。

 今回紹介するのは、香港の造形師たちがこぞって日本のアニメやハリウッドのSFXアクション映画のフィギュアを作りまくっている先鋭的なチーム「キングアーツ・インターナショナル」だ。

 とにかく彼らの「永井豪」愛がすごい!

 『マジンガーZ』『グレートマジンガー』の海外版権(香港・中国)をダイレクトに取得して製作した「オトナのためのロボット玩具」は、数多くの交換パーツによる「シーン再現」、内緻密なメカを組み込んだ「内部構造」で、これまでの日本製超合金トイを圧倒する。

 日本円にすると3万円台となる価格に見合った充実の内容だ。

 その仕上げの良さはマニアならば十分に満足いくものだろう。

 好きなクリエーターが心血を注いで、同じ仲間を楽しませようとする姿勢がひしひしと伝わってくる。

 残念ながら日本での販売ライセンスは獲得していないので商業ベースで流通、販売する予定はないようだが、マニアならば香港に買い出しツアーに行きたい魅力ある商品だろう。

 いや、これ、バンダイが日本国内での販売を代行したらいいよね。

 トイデザイナーやナンバーワンブランドとしてのメンツもあるだろうから、そんなに簡単にはいかないかもしれないけど、香港と日本のおもちゃ愛好者の熱いタッグマッチにも期待したい。

 ■公式サイト:(http://www.king-arts.com/

 写真(キングアーツ・インターナショナル)

 キャラクター(C)永井豪・ダイナミック企画

高橋 信之

「高橋 信之」イメージ画像スタジオ・ハードデラックス株式会社 代表取締役 東京国際アニメフェア実行委員 日本アニメーター・演出協会 応援団長 アニメ記者クラブ/アニメプレスセンター 起案者・理事「出版や広告、商品開発、映像メディアで活動するプロデューサー/プランナー。アニメ、SF映画、ビデオゲーム、玩具、デジタルデバイスなどを得意分野とし、多くの雑誌編集者やデザイナー、映画監督と交流する。

  • とにかく塗装の重量感が素晴らしい!材質はABS樹脂が主材だが、超合金ダイキャストを思わせる。
  • 歴代のグレートマジンガー玩具の中でもトップクラスのプロポーションだと感じた。マニアの意見を聞きたいところ。
  • フィギュア玩具の魅力って、アクセサリーとギミックだなあと改めて感じさせる趣きあるポーズ。
  • さまざまなギミックとシーンパーツが付属。かなりの自由度でイメージの中の巨大ロボットを演出できる。
  • この雷撃!クリアパーツの使い方が憎い!
  • 外装を外すと内部構造が図解通りに出現!二個買いして外装をハーフカットするのもいいな。
  • 背面も、しっかりと作られている。ロボットフィギュアの魅力って「背中」がカッコいいことも重要な要素だよな。
今、あなたにオススメ
Recommended by