2017.10.2 11:06(1/2ページ)

【伊藤崇コラム】「声優になろう!」#004

【伊藤崇コラム】

「声優になろう!」#004

専門学校と養成所はどっちがいいのか

専門学校と養成所はどっちがいいのか【拡大】

 自分でワークショップを立ち上げる前に数人の知人のワークショップに数回招かれたことがあります。

 そこで思うのは、ワークショップに来る人の多い順は、どのワークショップでも同じということです。(たまたまかもしれないが・・。)

 順に言うと、プロだが、仕事が定期的に入ってこない人、養成所に在学中の人、養成所の卒業生、専門学校の卒業生、最後に専門学校在学中の人です。

 専門学校は他者のワークショップを推奨していないのか?

 就職課の先生に招かれたときに、どの学校でも聞くのが「現実感がないので、ガツンと言ってやってください」みたいなことなのだ。

 イメージとして、専門学校は守られているところで、養成所は守られていないところみたいなイメージでもあるのでしょか?

 もっと言うと、専門学校は生徒はお客さまで、養成所ははい上がってこない限り、生徒といえども、どうでもいい存在みたいな感じなのでしょか?

 私は専門学校の否定論者ではありません。

 否定論者であれば専門学校に講師としていったりはしません。それに関連して言うと、最近よく、声優になるためには養成所と専門学校、どちらに行くべきかを聞かれます。

 その時に、私が言うのは、セルフプロデュースができるなら、専門学校へ、セルフプロデュースができないなら、養成所が良いのでは?と答える。

 もちろん、養成所や専門学校はたくさんあるので、細かく言えばその時々によって条件は変わってくるということを踏まえて言うのだが。

 話を戻すと、要はハード(施設)が充実してるのは、得てして専門学校であることが多く、授業数も専門学校のほうが多いのです。

 だから、自分を見極めてやっていくのであれば、専門学校が良いと思います。

 ハードがどれだけ自由に生徒に解放されているかはわからないが、練習できる施設は十二分にそろっていると思います。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by