2017.9.2 22:33(1/3ページ)

【畑史進ゲームレビュー】「タイムリミットは3時間!?」第8回 『NEWみんなのGOLF』を3時間プレイ!

【畑史進ゲームレビュー】

「タイムリミットは3時間!?」第8回 『NEWみんなのGOLF』を3時間プレイ!

特集:
畑史進
本当にこんなゲームまで手を出すとは幅が広いねぇ・・・

本当にこんなゲームまで手を出すとは幅が広いねぇ・・・【拡大】

 残暑厳しい気候を迎えるはずが、クーラーもいらない秋真っただ中のような気候の8月最後の日に発売された『NEWみんなのGOLF』は、発表時からかなり期待していたタイトルだ。実は今回3時間のレビュープレイをする前にIGN JAPANからの依頼で「発売記念 メディア対抗トーナメント」に参加してきたのだ。(http://jp.ign.com/new-mingol/16980/news/new-golf)

 詳しい内容はリンク先から見ていただければありがたいが、結果はあえなく惨敗。まぁ毎作みんGOLはコースの作り方や操作感が変わっているシリーズだから、これに慣れるのに少々手間取ったのでしゃーないという言い訳を挟んで今回の3時間レビューの方に入りましょうか。

 ■結論:いつものみんGOL

 『みんなのGOLF』は今年で20周年。こんなに息が長く続いてきたゴルフゲームシリーズはかなり珍しい。ゴルフゲームは任天堂の前社長の故:岩田聡氏がショットの過程を「方角の決定」から「パワーの決定」、それから「インパクトショットのタイミングの決定」を1つのバーの上で3回押すシステムの構築をしたことは有名な話で、さまざまなゴルフゲームに採用されてきた。

 その後1997年に発売された第1作以降、現実離れしたスペシャルショットは有りつつもゴルフという単純明快なルールを壊さない雰囲気でかつ、誰にでも手に取りやすいデザインを維持してきたシリーズなのでゴルフを知らない人でも興味があれば始めの一歩としておすすめできるスポーツゲームだと思う。

 さて、最新作の『NEW』はタイトル通りまさにシリーズの概念を一新。昨今はやりのステージのオープン化に伴って今作はステージが広大化。従来のシリーズはコースがそれぞれ独立していたものが今作はゴルフクラブ、カントリークラブが広がっている。

1つのコースの近くに別のコースがあるという、これまでのゴルフゲームになかった新しいステージが形成され、他のコースのフェアウエーに落としてからグリーンを目指すという変わった視点からの攻略も可能という自由さが壮大な感じがあって気持ちがいい。

【続きを読む】

  • うむわしそっくりや!
  • オープンフィールドってロード長いんよね・・・でもその合間に書と練習ができるのは嬉しい
  • 今回は配信しながらプレイしたのでそちらでも確認してほしいが、ランク2に上がった時点で3時間経ったぞ。目安にして欲しい
今、あなたにオススメ
Recommended by