2017.8.31 13:52(1/4ページ)

【畑史進コラム】あぁ素晴らしきかなTVゲーム第73回 CEDECの資料から見るゲーム業界

【畑史進コラム】

あぁ素晴らしきかなTVゲーム第73回 CEDECの資料から見るゲーム業界

特集:
畑史進
CEDECの資料なんだけど誰でもダウンロードできるのだから是非チェックして欲しい(CEDEC PDFより)

CEDECの資料なんだけど誰でもダウンロードできるのだから是非チェックして欲しい(CEDEC PDFより)【拡大】

 のっけから難しい話をしよう。一般社団法人コンピューターエンターテインメント協会のCEDEC運営委員会は今年の7月中に、インターネット上でプロデューサーやディレクター、エンジニア等ゲーム開発者やこれらに携わる周辺の人、約1900人を対象に「ゲーム開発者の生活と仕事」に関するアンケートをとり、8月29日に一般公開したそうな。題名だけ見ると「ゲーム開発者の生活実態なんかどうでもいい」と思ってしまうかもしれないが、意外にも色々なことが見えてくるので見過ごせない事案だ。それに、このアンケートの趣旨の中には「ゲーム開発を希望する方へ、キャリア形成について考える契機となるための情報を提供することを目的とする(資料内文章引用)」と書いてあるので、これから就活(遅いか)又はゲーム業界を見据えて大学受験、専門学校入学を検討する学生諸君にぜひ読んでほしい資料なのだ。今回は僕的に興味あった項目を紹介する。

 ■そもそもコンピューターエンターテインメント協会ってなんじゃい

 まずはこの疑問から解消せにゃならん。「コンピューターエンターテインメント協会」略称CESAは、コンピューターエンターテインメントの発展や振興を狙って主に活動している団体なんだけど、有名なもので東京ゲームショウの開催だとか日本ゲーム大賞の開催、そして今回のテーマとして取り扱うCDEEC(セデック)の開催などをやっている。

 じゃあCEDECってなんじゃいとなるとちょっとなじみが薄いもので、主にゲーム開発者に向けた組織みたいなもので、開発者同士の技術交流会や、開発者の投票で行うゲーム大賞「CEDECアワード」を行っている。そこでCEDECアワードとCESAの主催する日本ゲーム大賞の違いは何だなると、ここで違いを比べると両者のゲーム業界に向けた立ち位置がはっきりしてわかりやすい。

【続きを読む】

  • 最終学歴が人文学なのは文中にも書いているとおり。しかしよく出来ている資料だ(CEDECPDFより)
  • 最終学歴が一番多いのが人文学系なので当然役職別を調べてもこうなるのは分かるが、エンジニアも人文学なのかと少し考えさせられた(CEDECPDFより)
  • フト思ったこと、ゲームクリエイターの通常期ってなんだろう・・・(CEDECPDFより)
  • スマホゲームもだいたい同じシステムばかりになってきたからクリエイト魂揺さぶられるクリエイターが離れたのか?そう思いたい(CEDECPDFより)
今、あなたにオススメ
Recommended by