2017.8.3 20:04(1/3ページ)

【高橋信之コラム】多くの声優が人工知能に仕事を奪われる未来

【高橋信之コラム】

多くの声優が人工知能に仕事を奪われる未来

特集:
高橋信之
世界の声優・ナレーターの最大の敵!

世界の声優・ナレーターの最大の敵!【拡大】

 AmazonのAWS:音声合成AIのポリー(Polly)を知っていますか…?

 オタク向けコラムの標題としてはいささかペシミスティックですが、間違いない未来のことですので、正直に書きます。

 現在、日本では週に80本超のテレビアニメ(30分フォーマット)が放映されています。ひとつの番組に出演する声優さん(老若男女)を最大値20人として週に1600人分の出演があります。いや人気声優さんは数番組数役を掛け持ちするわけですから、席数はおそらく1000人未満。実際に声優だけを仕事として生計が立てられる方はさらに少なくて500人くらいではないかと思います。

 その500人が寡占している声優という仕事で誰かが辞めて引退してようやく新人のための席がひとつ空きます。そこに向かって毎年数百人の声優志望者が殺到するわけです。声優事務所の多くはワークショップとか演技学校を開いていますが、卒業しても仕事にはほとんどありつけません。若いヒトの夢を狙ったなろう系ビジネスの最たるものが声優養成所だと思います。

 それでも新人養成は必要です。今現在で女子高生役をやっている永遠の18歳女子(実年齢不詳)も、いつかは引退してゆくからです。新人ひとりのデビューのために多くの夢が消えてゆくはかない世界、それが声優業界なのです。

 現在、もうひとつ夢をかなえるアプローチがあります。

 ネット動画や自主制作アニメ、ネットラジオドラマなどの声の仕事です。

 ユーチューブやポッドキャストなどの投稿者という立場で自分の声を世界に届けることが可能になっているのです。もちろん生計を立てられるわけではありませんが、万が一の可能性としてプロになれる道が開くかもしれませんし、仕事ではなくても自己表現の場を得ることができます。少し諦めながらも、インディーズの道を歩きましょう。

【続きを読む】

  • 体験版の無料コースも用意されている。
  • Amazonが展開する人工知能サービス!
  • Amazonの人工知能研究は設立当初から構想されていたという。
今、あなたにオススメ
Recommended by