2017.5.25 15:07(1/6ページ)

【畑史進コラム】あぁ素晴らしきかなTVゲーム第59回 『バイオハザード:ヴェンデッタ』公開前応援特集!シリーズへの愛を語る!!(中編)

【畑史進コラム】

あぁ素晴らしきかなTVゲーム第59回 『バイオハザード:ヴェンデッタ』公開前応援特集!シリーズへの愛を語る!!(中編)

特集:
畑史進

 いよいよ今週の土曜日公開に迫った『バイオハザード:ヴェンデッタ』。その応援企画である「勝手にシリーズへの愛を語る」もヒートアップしていきたいと思います!

 最初は誰もが名作と上げる『バイオハザード2』から!

 ■ステージが広がり圧倒的に増えたゾンビたち バイオハザード2

 小遣いのない子どもがインターネットもロクに発達していない時代に新しい情報を得るにはどうするか?僕の場合はコロコロコミックの発売日に友達の家まで出向いて読むかファミ通をコンビニで立ち読みするか、はたまた近所の大きい図書館に頼み込んでおいてもらうしか方法がない。

 そんなことをしているある日、ファミ通を読んでいるときに目に入ってきた新情報「これがバイオハザード2だ!」という見出しにロケット噴射のように興奮したことは昨日のように思い出せる。友達にドン引きされていようがお構いなく熱弁を奮って待つこと1年・・・この先を話す前に『バイオ1.5』について少し触れなければならない。

 当初開発予定だった『バイオハザード2』は警察署の屋上に出てヘリコプターで脱出というコンセプトで、興奮して読んでいたファミ通発表時にはもうじき完成で、発売日もかなり近かったと記憶している。それから音沙汰がないまま開発中止の噂が流れて、なぜか『1』の手直しされた『ディレクターズカットVer』がしれっと登場するものだから、僕の頭の中は「?」だらけだった。

【続きを読む】

  • この時のジルの格好が一番好きというエロオヤジは多いが僕は『リベ1』が一番好きかな。実写版の第2作目はシエンナ・ギロリーの出で立ちが雰囲気を含めてあまりにも完成度が高過ぎちゃったもんだから、主役よりも目立った
  • クイックターンも初出は『3』。そう考えるとやっぱりアクション性に傾き始めたのはこの時点だと言っても過言ではない。
  • TPSの模範と言われるまでに成功した『4』だけど最初はサバイバルホラーというよりもサイコホラーの路線で制作されていた。それが後に『サイコブレイク』という作品として復活するのでビハインドを知るファンとしては嬉しかった。
  • 『5』の話をしようと思っても俺の周りは馬鹿みたいに『ブラックホークダウン』だとか「クリスがゴリラになった」としか話さないもんなぁ・・・まぁ同意だよ
今、あなたにオススメ
Recommended by