2017.5.18 11:48(1/5ページ)

【畑史進コラム】あぁ素晴らしきかなTVゲーム第58回 『バイオハザード:ヴェンデッタ』公開前応援特集!シリーズへの愛を語る!!

【畑史進コラム】

あぁ素晴らしきかなTVゲーム第58回 『バイオハザード:ヴェンデッタ』公開前応援特集!シリーズへの愛を語る!!

特集:
畑史進
5月27日公開!ゲーム原作のフルCG映画でここまで興奮したのはFFVIIAC以来!

5月27日公開!ゲーム原作のフルCG映画でここまで興奮したのはFFVIIAC以来!【拡大】

 突然ですが、5月27日に全国公開予定の大人気サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』のCG映画第3弾『バイオハザード:ヴェンデッタ』、この度こちらの映画パンフレットの制作に関わらせていただきまして、小ネタページやあるキャラクターページの執筆に底辺ゲームライターながら全力を注ぎました。

 本当に棚からぼたもちみたいな突然の出来事で、まだ自分でも信じられないような気分でございますが、小学校低学年の頃からバイオをプレイし、愛してきた長年のファンとして積年の思いをぶつけたので、是非足を運ばれた際には決して安くない価格ではございますが、ご挨拶代わりご名刺代わりとお手にしてくださいまし。

 というわけで今回から「勝手に応援企画」として3回に分けて、バイオハザードシリーズをあふれんばかりの愛を持ってプレゼンテーション、シリーズの紹介をするという身勝手な企画を行って是非読者諸君に劇場で最高のCG映画を見ていただきたいと思う所存であります。

 さて、その前にCG映画第3弾『ヴェンデッタ(イタリア語で復讐という意味)』がどういう映画なのかネタバレにならないように軽く説明いたします。

 ■『バイオハザード:ヴェンデッタ』とは?

 今作はゲームシリーズの第6作目『バイオハザード6』(以下数字はナンバリング)の後をテーマにした作品で、世界各地で起きたバイオテロを収束させた2人の英雄クリスとレオンのその後を描いていています。作品全体の流れは、初代バイオハザードへの原点回帰を意識した「閉鎖的恐怖」の演出からはじまり、その後段々と『4』以降顕著になったアクション性が徐々に加わっていくという流れとなっていて、この一本だけでもバイオハザードの歴史を感じるようにできているのでシリーズを知らない人にもおすすめできる映画となっています。ゲームプレイヤーからしても「本当に見たかった、やりたかったバイオハザード」のリクエストに見事応えてくれた作品となっている。

【続きを読む】

  • 扉開閉の演出はロード中の煽りとして語りぐさになってるけど、『スウィートホーム』は絶対に避けられないネタ
  • 最近思ったんだけど武器はあっても装備していないって結構トラップだと思うんだ
  • ここで注目してほしい点が一点!このアングルだから何も言うまい!
今、あなたにオススメ
Recommended by