2017.2.21 20:29

【高橋信之コラム】レトロゲームよ、永遠なれ!

【高橋信之コラム】

レトロゲームよ、永遠なれ!

特集:
高橋信之
レトロゲームよ、永遠なれ!

レトロゲームよ、永遠なれ!【拡大】

 1970年代に生まれ四十年の歴史を重ねたテレビゲームの世界だが、その黄金期を作ったのがアタリ社の創業者にして天才発明家のノーラン・ブッシュネルだ。

 今年、73歳になるブッシュネル氏が29歳の時にアタリ社を創業し『ポン!』(1972年)や『ブロック崩し』(1976年)を作らなかったら、世界のビデオゲーム産業の出現は十年は遅かったろうといわれている。

 さらに輸入されたピンボール機やアタリ社のビデオゲームの日本でのメンテナンス会社であったパシフィック工業(タイトーの子会社)の技術者:西角友宏氏は『スペースインベーダー』(1978年)を作らなかったかもしれない。

 さらにさらに業務用機の成功の後、アタリ社が出したロムカセット式家庭用ゲーム機『アタリ2600』がなければ、任天堂の『ファミリーコンピュータ』(1983年)の登場もずっと遅れていたに違いない。

 ブッシュネル氏は家庭用ゲーム機『アタリ2600』の開発をより大規模な資本力によって成功に導くために自らの会社を大手の映画&エンターティンメント企業ワーナー ・コミュニケーションズ社に売却、暫くは社長として開発の指揮をとっていたが、1978年には退社。その後、1980年代後半からはゲーム業界に復帰するがかつてのようなスマッシュヒットはなく、いまは余裕ある老後を送っている。

 彼が1972年にたったふたりで創業したアタリ社は巨大企業ワーナー社のもとで1983年には従業員1万人近くとなった。たったの10年で!

 だが急に大きくなり過ぎた弊害での業績不振が続き、ワーナー社による経営の立て直しが図られ、1985年には業務用機を扱うアタリゲーム社、家庭用機を扱うアタリコープ社に分割された。

 アタリコープ社は、後発の家庭用ゲーム機メーカーである任天堂やセガとの激しい戦いを繰り広げ、携帯ゲーム機リンクス(1989年)、32ビット機ジャガー(1993年)を投入するがどちらも苦戦。ついにワーナー社はアタリコープ社の売却を決定し、1996年にはハードディスクメーカーJTSに合併吸収された。

 そのソフトウェア知財は、玩具大手のハズブロ社を経由してフランスのインフォグラム・エンターティンメントに移管している。

 とまあ、これが世界初のテレビゲーム機を作ったノーラン・ブッシュネル氏とアタリ社の沿革概要にして、レトロゲームマニアにとっての基本知識だ。

 さて我が輩は、現在、このブッシュネル氏とアタリ社のエンターティンメント業界での功績をたたえ、アタリゲームの栄光をまとめた『ジ・アタリ・ブック』の翻訳出版をしようと考えた。おそらく21世紀に日本で刊行される最も本格的なアタリのクロニクルになる。

 刊行はこの夏の予定だが、それと連動してレトロゲーム展示会、ゲームアート展示会、出版記念オリジナルTシャツの販売などを考えている。

 さらにレトロゲームマニアへの刊行記念特典「アタリメンテナンスブック」レプリカのプレゼントも予定。これは1970年代~1980年代にアタリ社の業務用ゲーム機の技術保守にあたった世界中の設備会社に配布された保守マニュアルで、ご丁寧に「ビデオゲームの構造概念」の教科書にもなっている。

 かつてパシフィック工業にも配布され、ここから西角友宏氏は『スペースインベーダー』のための技術を習得したのである。

 まさにゲーム業界の旧約聖書、新約聖書。

 レトロゲームマニアは、この夏を刮目(かつもく)して待たれよ!

高橋 信之

「高橋 信之」イメージ画像スタジオ・ハードデラックス株式会社 代表取締役 東京国際アニメフェア実行委員 日本アニメーター・演出協会 応援団長 アニメ記者クラブ/アニメプレスセンター 起案者・理事「出版や広告、商品開発、映像メディアで活動するプロデューサー/プランナー。アニメ、SF映画、ビデオゲーム、玩具、デジタルデバイスなどを得意分野とし、多くの雑誌編集者やデザイナー、映画監督と交流する。

  • レトロゲームよ、永遠なれ!
  • レトロゲームよ、永遠なれ!
  • レトロゲームよ、永遠なれ!
  • レトロゲームよ、永遠なれ!
  • レトロゲームよ、永遠なれ!
今、あなたにオススメ
Recommended by