2017.2.16 14:48(1/5ページ)

【畑史進コラム】あぁ素晴らしきかなTVゲーム 第45回 JAEPO2017に行ってきたぞ!

【畑史進コラム】

あぁ素晴らしきかなTVゲーム 第45回 JAEPO2017に行ってきたぞ!

特集:
畑史進
OMNI VR GAMEのブース開場直後と行っても注目されなさすぎだろ…

OMNI VR GAMEのブース開場直後と行っても注目されなさすぎだろ…【拡大】

 2月10日~2月12日の3日間に幕張メッセで『JAEPO(ジャパンアミューズメントエキスポ)』が開催され、11、12日にはニコニコ動画主催の『ニコニコ闘会議』が同会場で行われ非常に大盛況となったようだ。なぜ「~ようだ」と客観的に言うのかというと、僕は10日のマスコミやビジネス向けの「ビジネスデー」に参加して、以後の2日間には参加していなかったからだ。

 ちなみにこのJAEPOとはなんぞやというと、ゲームセンターなどのアミューズメント施設に設置されるアミューズメント機器の最先端、最新作が集結するイベントで、アーケードゲーム好きなら絶対に無視できないイベントなのだ。

 今回はビジネスデーに参加して面白かった最新アミューズメント機器を幾つか紹介し今後のゲームセンターの展望を話そうと思う。

 ■OMNI VR GAME

 会場を歩いていて小さいブースながらも個人的に一番輝いていたのがこの「OMNI VR GAME」のブースだった。これは実際に「ゲームの中を歩ける」ことが最大の売りで、先行で発表されたアメリカではこの「OMNI VR」と銃型のコントローラーを使ってプレイする『バトルフィールド』が展示され日本のネットサイトでも大きな話題となった。

 ゲームを始める前には、まずすり鉢状の筐体の中へ専用の靴に履き替えてから入って、自分の体を赤ちゃんの歩行器のようなもので固定して、その後VRヘッドセットを取り付ける大掛かりな準備がいる。

 VR機器というものはさまざまな種類があって、現在代表的なVR機器を上げるとすれば「PSVR」「Oculus Rift」「Vive」の3台だ。じゃあこれは新しいVR機器なのかと訊かれると厳密には違ってくる。この日「OMNI VR GAME」で使っていたVR機器は「Vive」で、すり鉢状の台座のデバイス「Virtuix Omni」を使って遊ぶゲームが「OMNI VR GAME」というわけだ。別にVRヘッドセットは「Oculus Rift」でも「PSVR」でも構わないわけだ。

【続きを読む】

  • これが『OMNIVRGAME』だ
  • 専用の靴を履かないとセンサーが認識しない。水虫患者が直前に履くと大変なことになりそうだが大丈夫なのだろうか…
  • このセンサーがプレイヤーの移動速度、方向を関知するらしい
  • 裏はこの通り。普通の道を歩くと違和感がすごい
  • 全国の女子高生のファンの皆さん、これは私の真の姿ではありませんので誤解のないように!
  • ちゃんと止まることもできるのでこれは本当にすごかった!
  • コーエーテクモのVRSENSEはPSVRを使っている分割と早い段階でPS4に移植されるかも?
  • VRSENSEの筐体内部、まだこれでは他の人から見て何をやっているのかわからないから、これからモニターを拡張する可能性もありとのこと
  • 『マジシャンズデッド』は一番衝撃!近所のゲーセンに置いとくれよ・・・もしくは専用コントローラーを付けて据え置きで出してくれ!
今、あなたにオススメ
Recommended by