2017.2.12 12:19(1/4ページ)

【椿あきおコラム・インタビュー】「“推し増し”は正義です」第十六回 PLIC PROCK

【椿あきおコラム・インタビュー】

「“推し増し”は正義です」第十六回 PLIC PROCK

特集:
椿あきお
2/26(日) 難波ベアーズ「Cure。Festival 番外編」に出演

2/26(日) 難波ベアーズ「Cure。Festival 番外編」に出演【拡大】

 「地下アイドルと言われたくない」by サリーfrom PLIC PROCK

 『パラレルJAPAN』として活動していた、キレッキレに歌って踊る3人組が、昨年末で所属していた事務所を辞め、1月から『PLIC PROCK(プリックプロック。通称プリプロ)』に改名し再始動しました。

 彼女たちを初めて見たのは1年半ほど前? 「こんなにダンスしながら歌えるんだ!」と驚いたのが第一印象。そして、その激しい曲調の中で、自分たちのことを「残り物。残飯」と自虐的に歌う姿が、悲壮感がありながらもカッコよかったのです。別のライブでは、オタクに交じってフロアで沸いている姿を目撃し、このコたち面白い! と彼女たちのライブを見るように。

 当時の彼女たちはいわゆる「セルフプロデュース」で、ライブのブッキングから物販まで3人でこなしており、「しんどそうだなぁ」と感じるときも。昨年、某事務所に所属が決まったときは、やっと安心してみられると喜んでいたのですが、8カ月で離脱。なぜ、再びフリーランスで活動することを選択したのか? 『PLIC PROCK』として何を目指すのか? リーダーのサリーさんに取材してみました。

【続きを読む】

  • 左から、ユイ、サリー、アスミ
今、あなたにオススメ
Recommended by