2017.1.24 18:38(1/3ページ)

【高橋信之コラム】オタクと政治の微妙な関係

【高橋信之コラム】

オタクと政治の微妙な関係

特集:
高橋信之
1/6スケール(12インチ)フィギュア版バットマン  (C)DCコミックス/ワーナーブラザースグループ

1/6スケール(12インチ)フィギュア版バットマン  (C)DCコミックス/ワーナーブラザースグループ【拡大】

 さてドナルド・トランプ合衆国大統領が「TPP」環太平洋(経済)パートナーシップ協定への米国の参加を取りやめました。

 おいおい、今更なんだかなー。

 元々は農業大国アメリカが農産品の貿易自由化(関税撤廃)を求めて日本になかば強要してきた貿易協定なんだけど、おっと東南アジア各国から米国に輸入されるであろう物品を考えたら自由化よりも保護貿易の復活だよね…と貿易鎖国に進んだってことですね。

 さてオタク的に気になるのは、TPP批准にともなって改正が予定されている「著作権法」の行方です。この間まで主導国であった米国が求めてきていたのは「著作権保護期間の延長」「著作権侵害の非親告罪化」でした。

 例えば美術や応用美術の作品を例にあげると、現行法では「個人の著作者の死後五十年、団体の著作物の公表後五十年」とされている保護期間をそれぞれ七十年に延長してね…という動きです。

 例えばアメコミ『バットマン』(1939年)のマンガにおいては個人の著作者が存在しますが、そのマンガとキャラクターの著作権は法人にホールドしています。

【続きを読む】

  • 1/6スケール(12インチ)フィギュア版バットマン (C)DCコミックス/ワーナーブラザースグループ
  • 1/6スケール(12インチ)フィギュア版バットマン (C)DCコミックス/ワーナーブラザースグループ
  • 1/6スケール(12インチ)フィギュア版バットマン (C)DCコミックス/ワーナーブラザースグループ
今、あなたにオススメ
Recommended by