2017.1.13 15:42(1/6ページ)

【椿あきおコラム・インタビュー】「“推し増し”は正義です」第十四回 フィロソフィーのダンス

【椿あきおコラム・インタビュー】

「“推し増し”は正義です」第十四回 フィロソフィーのダンス

特集:
椿あきお
最近ハマっているゲームは『龍が如く』。FPSも好きだそうです

最近ハマっているゲームは『龍が如く』。FPSも好きだそうです【拡大】

 「フィロのスの中で唯一アイドルが成長していく姿を見せられる担当です」by 十束おとはfromフィロソフィーのダンス

 2017年、まだまだアイドルは健在です。

 そう思わせてくれるのが今回ご紹介する『フィロソフィーのダンス(通称フィロのス)』。

 デビューして約1年半ですが、“黒っぽい”音作りと歌のうまさはすでに評判。聴いていて気持ちいいんです。リーダーの奥津マリリ(おくつまりり)さんは、2016年一番輝くアイドルを決めるオーディション『ナツ☆イチッ!』でグランプリを獲得して話題に。昨年秋に開催された1stワンマンライブは400人を集め完売。そのライブをDVD化するためのクラウドファンディングは、開始から半日足らずで目標金額を達成(1月10日には達成率200%超)するなど、実力も勢いもあります。

 所属がソニーミュージックですし、氣志團や相対性理論、アイドル界では寺嶋由芙を手掛けたとこで知られる加茂啓太郎氏がプロデューサーと、メジャー感満載。いまさら紹介しなくても、とは思ったのですが、やはりいいものはいいんです。というか、すぐにチケット入手困難なグループになるはず(3月19日に開催される2ndワンマンの手売りチケットはすでに完売)。でも、今ならまだ近い距離で見られますし、接触(物販での2ショットチェキ等)もそれほど険しくはない様子。ライブに行くしかありません。

【続きを読む】

  • 左から十束おとは日向ハル奥津マリリ佐藤まりあ
  • 1stアルバム『FUNKYBUTCHIC』は10曲入り2500円
今、あなたにオススメ
Recommended by