2016.12.1 14:47

人気格闘マンガ「刃牙」第2部「バキ」最凶死刑囚編のTVアニメ化が決定! 

人気格闘マンガ「刃牙」第2部「バキ」最凶死刑囚編のTVアニメ化が決定! 

「バキ」ビジュアル (c)板垣恵介(週刊少年チャンピオン)/バキ製作委員会

「バキ」ビジュアル (c)板垣恵介(週刊少年チャンピオン)/バキ製作委員会【拡大】

 社会現象化した人気格闘漫画「刃牙」シリーズ(板垣恵介原作、秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載中)の第2部「バキ」最凶死刑囚編がTVシリーズとしてアニメ化される。

 「刃牙」シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙(はんま ばき)と素手で軍隊を壊滅に追い込む“地上最強の生物”と呼ばれる父・範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)との壮絶な死闘を軸にさまざまな格闘士たちの闘いを描いた大人気格闘漫画。コミックス全123巻、累計発行部数6300万部を誇る。1991年「グラップラー刃牙」として連載開始以来、数々の著名人・格闘家たちを魅了し、バラエティー番組では“グラップラー刃牙芸人”が誕生するほど社会現象化。強さを求め続ける男性にとっての「バイブル」とも言われている。

 新TVシリーズは、2001年にアニメ化された「グラップラー刃牙」の続編である第二部「バキ」・最凶死刑囚編となり、最凶死刑囚たちと刃牙、闘技場戦士たちとの闘いが描かれる。

 今回のTVアニメ化を記念して、放送にさきがけ、描き下ろしビジュアルが公開された。アニメ化で一歩先へ進むという思いとともに、さらに強くなった主人公・範馬刃牙を表現した渾身のショット画となっている。

(c)板垣恵介(週刊少年チャンピオン)/バキ製作委員会
■関連URL

  • 「刃牙」シリーズ年表
今、あなたにオススメ
Recommended by