2016.9.28 15:49(1/4ページ)

「銀河鉄道999デザイン電車」が新しいデザインに生まれ変わって10月8日、運行を再開!! 大泉学園で関連イベントも

「銀河鉄道999デザイン電車」が新しいデザインに生まれ変わって10月8日、運行を再開!! 大泉学園で関連イベントも

引退した初代「銀河鉄道999デザイン伝電車」 (C)Leiji Matsumoto, SEIBU Railway Co.,LTD.

引退した初代「銀河鉄道999デザイン伝電車」 (C)Leiji Matsumoto, SEIBU Railway Co.,LTD.【拡大】

 2014年12月に惜しまれつつ引退した西武鉄道の「銀河鉄道999デザイン電車(3000系)」が、漫画家の松本零士氏による新らたな描き下ろしデザインで、生まれ変わった新「銀河鉄道999デザイン電車」として、10月8日(土)より西武池袋線系(池袋線・西武秩父線・豊島線・狭山線)にて再び運行を開始することになった。

 銀河鉄道999の生みの親であり、練馬区の大泉学園にお住まいで練馬区名誉区民の松本零士氏が「子どもたちをはじめ沿線のみなさまが、この車両に出合い、そして乗車することで夢のようなひとときを楽しんでいただけるように復活させたい」という強い思いと、アニメによる地域活性化を目指す練馬区(区長:前川 燿男)や沿線地域の協力に、西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林久)が応える形で運行再開となった。

 今回の新デザイン電車は車輌が20000系車両(8両編成)となり、引退した「銀河鉄道999デザイン電車」のイメージを残しつつ松本零士氏が新たにデザインを書き起こした。車体は、練馬区のさまざまな魅力を発信していくため、「YoriDoriMidori(よりどりみどり)練馬」プロジェクトにより開発された区オリジナル色の「NERIMA GREEN(ねりまグリーン)」をベース色に、「銀河鉄道999」のキャラクターであるメーテルや鉄郎の他にも、キャプテン・ハーロックなど松本作品のキャラクターがにぎやかに配置されたものとなっている。

【続きを読む】

  • 新「銀河鉄道999デザイン電車」(C)LeijiMatsumoto,SEIBURailwayCo.,LTD.