2016.9.9 16:50(1/5ページ)

【上坂すみれコラム】「上坂すみれの文化部は夜歩く」ヲタカル版 ファーストインプレッションだけでデビュー決定!?

【上坂すみれコラム】

「上坂すみれの文化部は夜歩く」ヲタカル版 ファーストインプレッションだけでデビュー決定!?

特集:
上坂すみれ
キングレコードの須藤孝太郎氏プロデューサーと

キングレコードの須藤孝太郎氏プロデューサーと【拡大】

 みなさん、Добрый вечер。上坂すみれです。今回は9月3日に大手町サンケイプラザで行われた公開録音イベント「上坂すみれの文化部は大手町を歩く」の模様をお届けいたします。

 イベントでは、まずお約束をしていた文化部の部歌を合唱しました。みなさんお見事です!素晴らしい合唱を聴かせていただきました。みんな合唱力が高いですから、歌詞さえ配れば、カチューシャとかソ連国歌斉唱とかできそうです。

 今回の公録第一部のゲストはキングレコードプロデューサーの須藤孝太郎さんです。早速、須藤さんの知られざる業界人、敏腕プロデューサーとしての素顔に迫ってみました。

 皆さんは、須藤さんは私、上坂すみれの音楽プロデューサーだと思っていらっしゃるのかと思いますが、実はアニメのプロデュースをたくさんされているんです。須藤さん、実はアーティストのプロデュースは私だけなんです。他は主にアニメの映像を中心にやっていらっしゃいます。アニメのオープニングやエンディングのクレジットでプロデューサーとクレジットされているのでチェックしてみてください。

 主な作品として会場で映し出されたのは「生徒会役員共」シリーズとか、「波打際のむろみさん」とか「シモセカ(下ネタという概念が存在しない退屈な世界)」とかありましたが、これには須藤さんから「これなんか悪意がありますよね?」ってクレームが…。確かに、作品としては、下ネタ、ケモナー、下ネタ、問題があるって、変な共通点がありました。でも、須藤さんはこういう作品だけが担当じゃないんです。例えば最近だと、「蒼穹のファフナー」シリーズとか、「亜人」といった、堅いまじめな作品もやっているんです。

【続きを読む】

  • キングレコードの須藤孝太郎氏プロデューサーと
  • 「上坂すみれの文化部は大手町を歩く」の様子。早瀬かな(左)と上坂すみれ=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)
  • 「上坂すみれの文化部は大手町を歩く」の会場=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)
  • 「上坂すみれの文化部は大手町を歩く」で来場したみなさんと部歌の合唱=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)
  • 上坂すみれ=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)
  • スクリーン映し出された部歌をみんなで合唱しました=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)
  • 「上坂すみれの文化部は大手町を歩く」第一部の様子。(左から)早瀬かな、上坂すみれ、キングレコード・須藤孝太郎氏=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)
  • 「上坂すみれの文化部は大手町を歩く」第一部の様子。(左から)早瀬かな、上坂すみれ、キングレコード・須藤孝太郎氏=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)
  • 「上坂すみれの文化部は大手町を歩く」第一部の様子=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)
  • 最後に上坂すみれ(左)、早瀬かなと記念撮影=東京・大手町のサンケイプラザ(撮影・山田俊介)