2016.4.11 17:04

ガルパンロケ地・旧上岡小学校でのコスプレ撮影禁止で考える聖地とファンの関係

ガルパンロケ地・旧上岡小学校でのコスプレ撮影禁止で考える聖地とファンの関係

桜も見ごろとあって多くの観光客でにぎわう旧上岡小学校=茨城県大子町

桜も見ごろとあって多くの観光客でにぎわう旧上岡小学校=茨城県大子町【拡大】

 「校舎内でのコスプレによる写真撮影はご遠慮願います」

 人気アニメ「ガールズ&パンツァー劇場版」のロケ地として映画公開後、多くのファンが訪れる茨城県大子町の旧上岡(うわおか)小学校にこんな張り紙が出された。

 ネット上では、「一部のファンがトラブルを起こしたのでは…」といった話も出ているが、校舎を維持管理をする「上岡小跡地保存の会」に聞くと、「トラブルがあったわけではありません。これまでも公開を前提とした衣装を着ての撮影は遠慮してもらっていました。しかし、無断で撮影した写真を公開する人が出てきたため、ルールを再確認するために張り紙をさせてもらいました」とその理由を答えてくれた。

 「もちろん、これまで通り校舎内はどこでも撮影は可能ですし、コスプレ自体も禁止はしていません」(保存会)。

 旧上岡小学校は、明治12年創立し、44年に現在地に移転し建てられた3棟からなる校舎遺構で、茨城県では2番目に古い木造小学校として国の登録有形文化財(建造物)にも指定されている非常に価値のある建物です。

 生徒数の減少により平成13年3月に閉校したが、地元の方々が中心となって保存会を設立して維持管理に力をそそぐとともに、土、日、祝日は建物を公開し、映画、ドラマ、アニメのロケ地として積極的に活用を図っている。

 最近では、NHKのドラマ「花子とアン」の舞台となったことで、多くの観光客が訪れ、最盛期には一日で1000人の訪問者があったという。

 保存会によると、ガルパンのファンが多く訪れるようになったのは今年に入ってからで、当初は数十人ほどだったものの、最近は多い日で500から800人やってくる見学者の約8割がガルパンのファンだという。

 「ガルパンファンの方は、他の作品のファンの方々と比べても礼儀正しい人が多いですよ。ここに来た人が町で買い物や食事をしてくれるので、町にも活気が出ていいですね」と保存会の方々もファンがここを訪れることを歓迎している。

 ただ、ここはガルパンのロケ地であると同時に他の多くの作品の舞台でもあるということを忘れてはいけない。

 「私たちにとっては、ここは今も小学校なんです。むかしの木造校舎の素朴さやなつかしさ、そのイメージは大事にしたいと思っています」(保存会メンバー)

 保存会によると、張り紙の効果か、あきらかにガルパンファンとわかる見学者たちが、他の作品のファンの方が校舎を撮影するときに邪魔にならないように場所を空けてあげたり、整列して見学や撮影をする姿が目立ってきているという。

 「いろいろな作品のファンの方が訪れるので、マナーを守って、どのファンの方も『来てよかった』と言ってもらえる場所にみんなでしていくことが一番大切ですね」(保存会)

 これからも多くの作品の「聖地」となるであろうこの小学校が、自由に撮影や見学ができる場所として残るためにも、自分たちが最低限のルールやマナーを守らねばならない。1枚の張り紙が多くのことを考える機会になったのかもしれない。

(ガルパン新聞編集担当)

【旧上岡小学校】

所在地 大子町大字上岡957-3 

交通 常磐自動車道那珂ICより60分 

見学可能日 土・日・祝日のみ

見学時間 9:00~16:00 

見学料 無料 

  • 旧上岡小の入り口に張り出された、コスプレ撮影禁止の張り紙
  • 懐かしさが漂う校舎内。公開日には撮影も可能だ
  • 教室に置かれた黒板にはファンが劇中の落書きを再現していた